- 2014年 -
スター☆ライト HA・NA・BI
- STAR★LIGHT REVUE 2014 -

-観覧条件(悪):風下-


打揚げ台船遠望


鉄道遠征恒例?『名港迄編』・・With iPhone4s
@東海道新幹線(こだま)
700系
A東海道本線(新快速)
313系5000番台
B市営地下鉄名港線
2000系

観覧雑記-mini-
本日のお気に入り・・(すみませんこの下ホワイトアウトです)
行こうかな〜と、思っても日程が合わず・・最近は、予定にも上がらずに。
最終回と聞いて、ちょっと検討してみれば、色々あってチャンス到来です☆
新幹線でビューんと飛ばして、経費節約で新快速に乗継ぎ、最後は地下鉄
で名港まで140分、電車の旅を楽しみつつ、ガーデン埠頭迄やってきました。

遠征なので・・今回は手短に
様々な世代の磯谷作品が見られ、玉名を知らなくても(すみません)、その色
と形・・良い花火にアツくなったり、にっこりしたり。その個性的な『役者』を、
他とぶつからない様に、どう演出するのか・・なんて、斜めな見方もアリだな
とか、感激の隙をついて出る『?なシーン』って・・と、悪態的な話しは、役者
を独特の出し方で更に輝かせる演出で、気持ち良く浄化されました・・さすが
聖夜ですね。物語との関係性は自分如きの低センスでは(自責です)・・が、
曲とのコラボでは、シンクロはもちろん、楽曲をイメージした打揚げでは、
自分の脳で描いたイメージと合致すると、2倍、3倍と、ルンルン気分が増し
てゆき、そこでキメの1玉(大玉)がドンと御鎮座し放心・・磯谷作品恐るべし。
渋めの和テイストの銀と、彩度の高い色、そしてそれを生かす花火の形を、
確かな技術で創造し・・舞台裏の稽古もさぞかし厳しい劇団なんでしょうね。
よ!磯谷煙火!!(ここで花火が見栄を切る)←完全に意味不明

余談ついでに・・写真を『作品どおりに』撮影するのも難しく。花火の方に気
が行き過ぎる上に、出し方も厳しくて普通に勝負しても、難易度が高い状態
ではないか?と思うのですが、撮影者を選ぶ花火なのかも(笑)

歓喜の終演を迎えたあと、このイベントが今回で終了とのコールが、何度も
会場に流れ・・素敵なイブのビッグプレゼントが、これで最後とは切ないです。
DATA
観覧日 2014年 12月 24日(水)
時刻 19:00〜19:30
天候 晴れ
場所 名古屋市港区港町 ガーデン埠頭一帯
主催者 冬の祭典実行委員会 会場地図
公称玉数 ****
最大号数 10号
RETURN