- 2014年 -
辰ノ口さくら祭り・花火大会

4寸の星に気合@・・回る光露で魅せる八方咲 4寸の星に気合A・・魅惑のグラデーション満天
5寸創作玉・・可愛い花は二手間位掛けています 8寸・・今回のラインナップは弱かった
ワイドスターマイン(扇ザラと冠先点滅が切れる) ワイドスターマイン(ファイナルは見切れるし・・)

観覧雑記
『遠征だ!』・・という事で、茨城県の常陸大宮市まで、おんぶに抱っこな
感じで(謎)、静岡県からはるばる栃木県境の街まで、花見でございます。
茨城といえば・・そう、夜はあの名花が咲くのです。

さくら祭りの主賓『桜花』も満開から散り始めと見頃で、現地到着後は方々
ロケハン(のお供)をしながら、桜を眺めたり、高台から景色を眺めたり、
結局一番筒を気にしていた様な・・結果を集め、風向きと距離を重視して
決定した場所に、月が現れ悲しんたり・・そんなこんなで、開幕時間です。

前半は4寸、中盤からは5寸を5発に、小型煙火か8寸が挟まる感じの
のんびりとした構成。菊や満天のカラーコレクションみたいな事も無く、
時折このサイズで『手間を掛けた星を』とか『凝った玉を』とか、見応え
のある花火が出てきます。スターマインを偽装する箱物系も、ちゃんと
小型煙火と伝えているのも、高感度UP(なんのこっちゃ)ですね。ただ・・
多重芯の著名作家にして、8寸にそれが入らないのは・・それも目当てで
ココまで来たのだし(勝手にですが)、個人的には『とても残念』でした。
多重芯の変わりに○○という風にも・・ん〜これも好みの問題ですかね。
と、ストレートに書いた所で・・・いよいよファイナルプログラム。

今回の真打、ワイドスターマイン。5箇所から大会打揚げ数の、8割は
出たんじゃないかという、8号入り約200秒の豪華仕様となっております。
遠征先かつ、見慣れた花火では無いので、あれこれ思う事だらけです。
特に・・という事では、出し方でしょうか。花火自体が『優しく・柔らかく』
開く感じの上、ゆったりとした展開。この二つが融合し、消えつつ出ると
いう余韻の連続で、独特の世界だと感じました。下部演出のザラ星流し
打ちも印象的で、タタタタ・・と流しで出た順に、立ち上がるザラ星が一化
しながら追いかけ、更に明るく二化しながら消える。1回の流しで3回分の
視覚変化を見せ、それが終わると逆から同じ様に。この間合いと星使い
に、センスの良さを感じずにはいられません!韻とでも言いましょうか?
和のテイストで魅せている・・そんな感じの作品でした。

正直、遠征距離や個人的な期待の対価としては、物足りない面も感じ
ますが、ゆったり観覧できる環境で良玉に癒され、充実した遠征でした。
DATA
観覧日 2014年 4月 12日(土)
時刻 19:00〜19:30
天候 晴れ
場所 茨城県常陸大宮市 辰ノ口親水公園
主催者 常陸大宮市観光協会 会場地図
公称玉数 未公表
最大号数 8号
RETURN