- 2014年 -
富士山世界遺産まつり
- 大花火大会 -


観覧雑記
ワイドスターマインが・・・
今日は2014年の『初花火』。というのも、13年の大晦日、強風吹き荒れる
某所にて、年明け35分前に中止。波乱の年明け・・いや、明けて無いぞ!

寂しく新年を向かえた7日、地元紙でこのイベントの告知が記載されており、
そこで開催を知り、(勿論行きますが・・)色々調査をしつつ当日へ。
文才が無いので、何だか批判的な感じになりがちですが、当日の現状と
自己判断にて、起きた事実を記載しておりますゆえ悪しからず。

観覧エリアはメインスタンド。『ママチャリGP』が開催されており、ピット裏
等は入場規制有り(終了後はパドック裏以外OKとの話しでした)。筒場は
P8とかなり奥で(GP開催エリアではスタンバイできないから?)スタンドか
らの距離≒800m、ヘアピン後方上部で≒550m。最大尺ですが、スタンド
からだとかなり遠い。ただ、ストレート上では熱気球のグローが行われる
との事・・これもぜひ観たいし、何ならこれを前景に花火という絵も期待で
きる訳で。迷う事無く、メインドスタンドに決めた訳ですが・・・

気球が膨らむと、これが近くてけっこデカい。筒場とは距離にプラスして、
高低差もあり『花火が気球を越えず見えないのでは?』という疑問が湧く。
立ち話しをしていた、『花火観覧の達人』の百選練磨で鍛えた眼も、同じ
疑問を抱き、ちょっと厳しそうという悲しい結論。更に・・開始ちょい前に、
主催者から、スタンドの2Fで見る様にアナウンスも入るダメ押し状態。

開幕・・気球の間から『ちっちゃいワイドスターマインが』見え隠れ。トラの
演出が低いから気球に消えてゆく・・。気球が無くても遠くて小さい状態。
推定6寸位から気球の上に抜け始め、尺玉となると反響音も素晴しい。
が・・ワイドや、早打ちは気球が揺れた隙間から見えればラッキー状態。
ここから見る前提であれば、玉のサイズ選定が合って居ないのです。
気球とのコラボを選んだのは自分だから、バルーンイリュージョンをメイン
に、後方から花火も見えた・・まぁ、それで良しとしましょうか。最後に花火
の方ですが、青芯椰子入冠菊の尺玉と、傘ときのこが頑張っていました。

荘厳な音楽をバックに揚がる花火・・その音楽とは、気球のバーナー音が
合っていたという『オチ』を書いて、今年初花火の観覧記を締めましょう。

後日談・・同じスタンドでも、気球の無い建物越しでは、花火は建物を抜け
て開花、ばっちり見えたそうです。チャンちゃん・・どーも失礼しました!!i
DATA
観覧日 2014年 1月12日(日)
時刻 17:00〜17:30
天候 晴れ
場所 静岡県 駿東郡小山町大御神 FujiSpeedway内
主催者 小山町・御殿場市・裾野市
2市1町フレンドシップ事業
会場地図
公称玉数 3776発
最大号数 10号
RETURN