- 2014年 -
江ノ浦湾花火大会

*記載は打揚げ順と異なります*
スターマイン スターマイン
早打ち・・創作玉も多め 早打ち・・芯入り○キラ先青○銀乱◎=良玉です♪
7寸3発:芯の色が鮮やかで素敵でした♪ 大会提供:序盤の八方咲き(後半は大玉で豪快に)感動!
錦の絵巻 10年を締める『銀冠』・・特別演出はなかったけど

打揚げ台船遠望


『江ノの浦湾花火大会』10年間ありがとうございました!

2005年(1st) 2006年(2nd) 2008年(4th) 2009年(5th)
記念すべき『開幕打ち』 銀冠(綺麗な時代の・・) 『Digital-Starmine』初投入 銀冠(業者変更後)
新聞で1週間前に開催を知る
そんな出会いでした。
翌年も開催され『定期化』へ
1200←1000発に規模拡大
最大玉『7寸←5寸』にUP
『Digital-Starmine』初登場
花火業者さんが変更に
(株)光屋窪田←(株)イケブン

観覧雑記
第10回開催・・Final・・10回記念の大会が、最終回となってしまう模様。
『これで終わり』と、わかって見送る花火大会がかつてあっただろうか。

最終回か10回記念か・・30分間『ノンストップ』をコンセプトとする大会。
MCなどで時間も稼げず、協賛金の浮き沈みでのご苦労も察する所。
今回はテンポ良く、スピード感もあり、被せぎみに早打ちとスターマイン
がシームレスで揚がります。数クール後のまったり感はあるものの・・

そこは最終回、記念花火の7寸から一転、『10回記念でファイナル』と
いうspecial memory な状態へ突入します。綺麗な色芯の入った金冠を
2-3発同時に打つ記念の7寸から、早打ちではサイズアップした玉に、
芯入りで、作りこまれた丹精な花火が舞い、惚れ惚れするような親星
の先にはふわっと『銀乱が咲きます。自慢の『星』を生かした、こんな
ラインナップで毎度やってくれないものか・・なんて思いつつも歓喜!
更に大会提供では、点滅八方からの大玉スターマインを豪快に長く・・
終わりを惜しむかの様に、これでもか!と、連打してくれ満足の逸品。

そして・・ついに最終の『銀冠』の時間となりました。とても複雑な気分
の中、たぶんタモリさんの号令で揚がりだした銀冠を眺めつつ、万感
の思いがこみ上げ、また自分の10年、この大会の10年(1回サボりま
した)、只の観客なのですが・・悲しくて、寂しくて、なぜか泣けてきます。
こんな感情で見る花火は初めてで、送別といった気持ちでしょうか。

10年間お疲れ様でした。楽しく花火を観させて頂き有難うございました。
台風19号の影響も懸念されましたが、何とか天候も悪化せず、
『優秀の美』となった最終回、良い条件で観られて幸せに思います!
DATA
観覧日 2014年 10月 12日(日)
時刻 19:00〜19:30
天候 晴れ
場所 沼津市江ノ浦 江ノ浦湾沖
主催者 江ノ浦湾花火大会実行委員会 会場地図
公称玉数 1200
最大号数 7号
RETURN