- 2013年 -
寸又峡温泉開湯51周年記念 温泉感謝祭
-ジャズと打揚げ花火-


観覧雑記
寸又峡温泉のイベントで、花火とジャズ生演奏のコラボがある・・ん!
何か無いかな〜と、偶然WEBを見ていたら発見してしまったのです≡☆

陽の高いうちに現地に到着・・も、イベントはもちろん、花火のセッティング
もまだという状態。怪しそう(?)な場所を巡回しつつ、それとなく打揚げ
ポイントと、今回の内容をGetです。ジャズの生演奏に合わせて、花火を
コラボレーションさせるとの事・・楽しみです。筒場が分った所で、イベント
会場をまずはロケハン・・するも、ステージを含む会場内で、上手く撮れる
気がしません。生演奏だし、余り離れるのもなぁ・・。周囲は宿と電線祭り
だし、仕方なく急勾配の裏山を登ると、竹薮で視界は無し・・どっと疲れる。

という事で・・生演奏重視で行こう!と決めたのは、感謝祭のイベントが
始まった夜。あれ?この辺りに花火が出るんだったかな〜と、妥協に
アバウトさも加わり、なんだかグダグダな予感。イベントといえば、500円で
鹿・熊・猪・鴨・きのこが鍋になり、それに蕎麦や焼き物等、山の食材が
食べ放題ですが、蕎麦、鹿鍋、きのこ鍋で既に満腹・・ちょっと悔しいかも。
・・えーっと、話題がそれましたが、時は流れて花火の時間となります。

演奏は2曲で花火は35発とやや少なめ。一曲目はスローな曲に、時々
花火が揚がる感じで6発程の消費・・軽く様子見といった感じでしょうか。
2曲目はアップテンポな曲に変わり、いきなり3発の朴付彩色牡丹3連が
打たれ、以下曲の主旋律となり、何度も出てくるメロディーに合わせて、
様々な花火が揚がります。メロディーの動きが有る部分で、するすると
銀朴が昇り、音を伸ばす部分で開花・・。まるで、そのフレーズが出たら
花火がセッションしてくる感じで、シンクロ感とは違った合わせ方です。
また、そのフレーズを聞くと『花火が出るぞ』感も楽しく、2度美味しい感じ。
全数『朴付』で、少し離れた場所から花火が昇って来る感じも、雰囲気が
ありシーンに貢献している様で、花火の存在が、主役でも脇役でもなく、
演奏と対等な関係となり、演出意図に貢献していたのかなと。

人の感性に寄り添う様な感覚の、心地良い作品でしたが、時間に対して
花火の数が・・というのが悲しい所。あと2倍!!程度の物量があれば、
更なるセッションも楽しめたのかなぁ・・というのが正直な感想です。
DATA
観覧日 2013年 12月 7日(土) 
時刻 20:15〜20:25
天候 晴れ
場所 静岡県榛原郡本川根町 寸又峡温泉
主催者 寸又峡美女づくりの湯
観光事業協同組合
会場地図
公称玉数 35発
最大号数 4号
RETURN