- 2013年 -
湖西湖上花火大会

水上スターマイン
水上スターマイン
5発目付近(小玉)からスターマイン被り・・綺麗な芯入り玉をすっきり見たい!!

尺 玉
(慶祝花火11玉より個選4玉)
尺 昇朴付 三重芯冠先群声
流されましたが・・三重芯+冠先群声 高級です☆
尺 八重芯錦牡丹変化先之点滅
錦と八重芯も相乗効果で美しき仕上がり♪
尺 昇朴付 銀芯紅牡丹先四化
大玉星の極み・・素敵な星への拘りに最敬礼!
尺 昇小花付 ひまわり千輪
千輪が絶妙な広がり方で・・一本!

湖西の『真打』になるか・・湖上を彩る扇打ち
中盤スターマインの締め
千輪を飛ばすとは・・素敵なセンス♪
ファイナルスターマインより
定番ですが・・斜めでも『盆』が良かったりします
ファイナルスターマインより
扇飛ばしと縦打ちの演出が見事です
ファイナルスターマイン締め
締めは豪快美麗・・そして贅沢に八重芯入り段打ちも☆
観覧雑記
今夏の締めは(予定)湖西にしましょう・・という事で、3年ぶりの鷲津へ。
まずは、環境は『緩め』ですが、BESTな場所が少ない為、場所取りに
向かいます・・台船が西よりになり、南北にある堤防に対しイマイチ。水上
も考慮すると、観覧エリアは広くても、撮影には厳しい感じでしょうか。
その後、駅前のお祭り広場で夕食の調達。以前より出展が増え、同じ様
なものが多いですが、選択幅も広がります。価格に対し、ボリュームも
あって、久々に観覧前の満腹状態となりました。

観覧場所に戻り、涼しい風に吹かれ開会を待ちます。台船を遠望すると、
斜め方向の筒が多数見え、横方向への飛びに期待が膨らみますが、西
側は障害物、人、街灯等もあって・・メイン側ではピンポイント以外、水上
を諦めるか、対岸行きかな〜と、波乱の予感に早くもネガティブ状態に。

開幕は、地元『三遠煙火さん』のスターマイン。その締めに『扇打ち』が
いきなり登場します(予想通り撮影は・・)。湖上に映え、良い景色を魅せ
た後は、8寸と尺玉の追い打ち・・勿体無いといいますか、贅沢といいます
か、開幕から景気良く。慶祝花火では、5寸〜尺玉迄の献発があり、7寸
以上では、芸術玉も多く揚がり・・最大三重芯迄の多重芯、千輪、そして
お家芸のマジック星や、紅先四化の変色星、創作物ものなど・・勿論キレ
のある変化を魅せる星はデフォルトで、見所が多い打揚げでした。

スターマインは観覧位置にもよりますが、尺玉に対して3-4寸辺りが主力
で遠め。大好きな『赤と青の染分け』スターマインも見られました。三遠
さんといえば、大玉が使える大会では『縦に伸びるスターマインの締め』。
この段打ちが、スモール版で1回、ファイナルで(尺玉八重芯inside)1回。
発射音、見た目、開発音・・全てが合わさり、爽快な気分で見られるお気
に入りなのです。これも大型花火が打てる場所での醍醐味・・残念です。
一方それに変わって出てきたのが『湖上扇打ち』。スターマインの締めは
まかせろ!とばかりに、飛ばす花火や、筒からの出し方を変え、湖上を
美しく照らします(単純に考えると、減寸なので段打ちよりKYなのかも)。

湖西名産『水上花火』・・今回は力無く魅力もダウン。打つペースが早い
のは仕様として(美しいのですから早くて勿体無いと思いますが)、芯入り
の『最上級仕様』を待たずして、スターマインが打たれ・・ペースも相まって
ごちゃごちゃ。場所に寄るのでしょうが、スターマインのザラ星や花火の
一部も、水上の盆に入ってしまい、ここは派手さより『水上』を見せて欲し
いと思いました。被せる打揚げも、朴付き5寸以上の単玉がいいなぁ。

そして・・水上途中から出された『超特大ファイナルスターマイン』これが、
見事な演出と打ちっぷりで、楽しませてくれました。水上が終わった後、
その幅、その反射はまかせろ!とばかり、演出を変えながら、何度も扇
打ちを繰り出しながら、締めに八重芯2発を含む尺玉迄入った段打ち
まで入れながら、美しい光景を湖上に繰り出し、会場を彩りました。

湖西に来てコレが見られる・・そんな演出が色々あり、三遠さんの地元
だからこその気合と還元(推測)も加わり)、今後も何を魅せてくれるのか、
花火の種類と共に、演出にも期待がもてる・・湖西の花火大会でした。
DATA
観覧日 2013年 8月 24日(土) 
時刻 19:45〜20:30
天候 曇り
場所 静岡県湖西市鷲津 汽船場沖
主催者 湖西湖上花火大会実行委員会 会場地図
公称玉数 未発表
最大号数 10号
RETURN