- 2011年 -
伊豆山温泉さざえ祭り&花火大会

開幕スターマイン 早打ちとスターマイン(ザラ星なしの理由は・・?)
ファイナル金冠 ファイナル銀冠
観覧雑記
所狭しと整列した『筒群』に期待が持てる”夜景”
観覧予定は突然に…諸々有って、前日にふと湧いた『伊豆山花火観覧』。
熱海市に有りながら、日程の都合上ちゃんと調べて居なかったのか、場所
の便が悪いと思いこんでいました。地図を改めて見ると、歩けない距離で
は無く、天気も良さそうだし・・伊豆山温泉組合さんにお電話したら、担当の
女性の方が優しい声で、行きたくなる様な話や『駅から歩ける』との激励?
その暖かな対応で、当日午後に決行を決意しました。

駅から坂を下る事20分強、国道から一気に下ると主会場へ到着。ホテル
前ではイベントの真っ最中ですが、それを横目に観覧場所を探します・・が、
熱海ビーチラインを挟んでしか観覧出来ず、ホテルの前で楽しみましょう!
的なノリで、筒場のある漁港の方へ行けば『激近』。 伊豆山の花火といえ
ば、間近で斜めに打つ、金冠と銀冠のラストが凄いとか、を耳にしますが、
予想される仰け反り度と、地形的撮影妨害に、観覧は荒れ模様必至★。

当てずっぽうに移動し、何とか良さそうな場所を見つけるも、急坂登坂は
バテ気味の体に堪えます。三脚を設置して、しばらくボーッと佇んでいると、
カウントダウンの声が会場から聞こえてきます。えーまだ3分前じゃん??
坂によろけながらレリーズし、開幕を迎える・・あれれ〜ここ近いじゃん。
200m程度引いているのですが、打つ方向で50m減の、高台と花火開発点
のマッチングが最高らしく、レンズレンジにしてびっくりする映像がモニタに。
開幕スターマインの締めが出ると、打つは打つはの大盛況で、これにも再
び、びっくりで『これで終わりか?』と思う程。すかさず、斜め方向に早打ち
が『早々打ち』位のピッチで飛びます。ザラ星無しスターマインが、コレまた
ハイピッチで上空に炸裂します。この繰り返しをテキパキと休ん事無く・・。
正に連続打ち、息つく暇も無い、実に豪快で威勢が良い見事な打ちっぷり。
時間に対する密度は、県下随一では無いか?と思う程で。ちょっと大げさ
かもしれませんが、そんな状態で約15分。ダブルの金冠が打たれ、終焉
を予感させます・・キラキラと金の名瀑を形成しながら、次第にピッチを上げ
てゆき、ザラ星が銀に変わると、上空は銀滝に塗り替えられるのですが、
この出し方が〜まるで『雷一斉』を数クルー出したかのような、正に圧巻の
マシンガン打ち・・『凄い』という言葉しか浮かびません。テンションが上がり
絶叫する様な『音と体感』は、残念ながら観覧記ではお伝えできません。

短時間ながら密度の濃い、元気になれる『豪快な花火大会』を楽しませて
頂きました。ところで・・本編の日はこのピッチで30分なんでしょうか?
歴史を聞くと・・ここは、もしかして斜め打ち発祥の地かもしれませんね。
DATA
観覧日 2011年 8月23日(火)
時刻 20:45〜21:00
天候 晴れ
場所 静岡県熱海市伊豆山 伊豆山海岸
主催者 伊豆山温泉旅館組合 会場地図
公称玉数 ****
最大号数 4号
Equipment・PENTAX K-7
RETURN