- 2010年 -
立石神社祭典
-献発煙火-

5寸:昇小花 八重芯菊先彩色銀乱(手土産・先掛け)
管理人献発玉です・・彩色菊仕立ての八重芯
尺:昇小花 三重芯錦冠菊
黄青紅の芯に丹精な型の冠でした(山陰に星が消え・・)
5寸:昇曲付 菊先青銀乱
芯レスの玉は『盆』が素晴らしい物多し!
8寸:昇曲付 黄芯菊先紅光露
お家芸『King of 丁字菊』の片鱗が少し見え・・
超特大・大スターマイン
奉納煙火らしく冠・冠・冠の締めでした
観覧後記mini
今日は梅雨明けの発表もあり・・・太陽燦々アツい花火シーズン到来です。
旧岡部町開催の『立石神社祭典』は初観覧(3年も温めてしまった・・)。
手土産持参の予定でしたが、諸事情で『番外スターマインの先掛け』とし
て、奉納煙火の方は参加となります。

現地に着いて散策をするも、筒場となる山腹を見る場所は『電線に街灯も
参戦』した状態。観覧場所も特に無く、賭け&揚がった所勝負となります。
美しい響きの『口上』を聞きながら、花火を眺め薄暮の散歩・・乙ですねぇ。
なんとか居場所を見つけ落ち着いたものの、六寸超えで変わる筒場方向
に対し、冠の裾が山陰に沈んでしまうという失態をしてしまうのでした・・。
さて気を取り直して・・今回の奉納は、三寸から六寸の単発をメインに、
七寸7本、八寸3本、尺1本、そしてスターマインが3台。尺玉で揚がった
玉は、何と『三重芯錦冠光露』という超豪華仕様。くっきり魅せる三重の芯
に、端正なフォルムの錦冠が夜空に可憐に枝垂れて行きます・・・ありがた
過ぎて星が消えた後、思わず『合掌』して文字通り拝んでしまいました。
奉納によって大玉の数は変わるのでしょうが、大玉多重芯にもう少し出会
えたら最高だった・・と、贅沢で無責任な願いを書いておきましょう
こだわりの献発納花火・2010-1
依頼仕様(取消し線は変更有)
玉名『八重芯菊先彩色銀乱』
形態:五寸曲付き
親星:菊先紅・青・紫(銀乱)
芯星:内オレンジ・外ピンク
曲導:銀朴+分砲

彩色菊の『八重芯』て無いな〜。なら
ばお願いしてみましょう・・という事で。
菊星は牡丹星と違い『引きの後に色が
出る』、つまり変色をしている様なもの
で、色の出現タイミングが違うかも・・。
さらに『銀乱』に変化するタイミングは、
色により左右され易く、『まばら感』が
敬遠材料の様です。でも・・星が良け
れば大丈夫!という事で。後は明るい
『黄・緑』を抜いて、明度のバランスを
取った(つもり)のが今回の仕様です。
*花火師の皆様、何時も有難うございます。
DATA
観覧日 2010年 7月 17日(土) *翌日も小規模開催
時刻 19:00〜21:00
天候 晴れ
場所 静岡県 藤枝市 岡部町内谷
主催者 祭典委員会
公称玉数 不明
最大号数 10号(奉納による)
Equipment・PENTAX K100D Super
RETURN