- 2010年 -
川奈港 いるか浜花火大会
- 第10回記念大会 -

開幕『スターマインパレー』のスタート! 開幕『スターマインパレー』の中盤
小型煙火と早打ち 銀滝→小型一斉→ファイナル金冠スターマイン
観覧雑記
未観覧となっている花火大会には、日程、規模と移動時間のバランス、
開催環境等が有りますが、日程のうち『日付固定』これが一番の曲者で・・。
今回初観覧の『川奈いるか浜花火大会』も、日付固定の開催になります。

現地に着くとき、プログラムを頂に本部に寄ると『今回は10回記念大会で、
ちょっぴり豪華。特にナイアガラの滝は開催当初からの希望で特別枠』な
のだとか。プログラムを見ても、通常が分からないので比較は出来ませが、
高密度でテンポは良さそうです。開幕前には進行役の方が、花火について
のレクチャーや、大会の概要を話したりしていて、主催者さんも花火大会
に、力を入れている様子が感じ取られます。

という事で今回は通常編で無い為、参考程度に少しだけ…
開幕は3連朴付で3発、続いて3連スターマインに小型煙火と、派手な演出
でパワー全開。以後は、3〜4寸早打ち(曲無しorザラ星入)をメインに5寸
単発、スターマインや小型煙火を絡め、早めのピッチで進みます。途中、
メモリアル花火(5寸)を挟み、中盤には(中締め扱いか?)3連Vトラ入りの
スターマインも有りました。メモリアルの数や、記念増量(?)などで、やや
押し気味で、ファイナルを迎えます。海上に『緑じゅうたん』が放たれた後、
ナイアガラの滝が海水浴場前を横断(100mあるそうです)。緑色から滝が
流れる直前に『海上で炸裂音』がし、良く見るとどこから来たのか『金魚』も
が遊泳しています(が・・滝も銀でカモフラ中)。きめの細かい滝が、時間を
掛けて海面を照らし続け、コンパクトな『いるか浜』の絶景が続いた後、終
わりを告げる小型煙火を1回払った後、金冠の連打が始まります。3寸止
めだと思われますが、最終的に3連でしっかり量も打って終了。通年と今回
の差分が分かりませんが、今回は・・やってくれたぜ『川奈の花火』でした。
DATA
観覧日 2010年 8月15日(日)
時刻 20:00〜20:30
天候 晴れ
場所 伊東市川奈 いるか浜堤防
主催者 川奈区・川奈港いるか浜
花火大会実行委員会
会場地図
公称玉数 800
最大号数 5号
Equipment・PENTAX K100D Super
RETURN