- 2009年 -
静波海水まつり花火大会

特集1 momoeri さん御献発
紅色のハートをダブル→ハートにMのマークも登場
ピンクを基調としたダブルスターマイン
クロセット菊→点滅+水上+中玉金冠→大玉銀冠

特集2 静波恒例怒涛のファイナル'09
期間中水上花火はロングラン営業です(風で金菊系は痛々しい)
大玉やスタ−マイン&5寸早打ちが終わると『スピン』のダブルへ
最後は名瀑が3本(ここで水上にも銀が欲しいと強く言いたい!)



観覧記

5寸玉と夜の静波ビーチ
久々の静波海水まつりへ・・波長が合うのか、なんとなく『観たく』なる大会
で、他と被る事も余りないのですが・・天気や風など、良い印象は無く。
現地に着くと、浜からの強い風がお出迎え。またか〜・3観覧連続かぁ・・。
という事で今回は、体感に未練を残しつつ、やや離れて観覧する事に。
筒場を見に行くと、『momoeri』の文字の枠仕掛けと、筒の多さが目立つ。
これは増量か?と、テンションが上がったのは言うまでもありません。

19:30の不意を付く『一斉打ち』で正式に(?)幕開け。といっても、盆踊り
+単発花火タイムなのですが。今回は提供者を読上げながら、手打ちで
無く、筒にザラ星を仕込んだ電気点火。どうりで・・筒の数が多い訳です。
ボチボチ揚がるノンビリタイムから、20:15分早打ち並のピッチになって、
『本格的な花火大会』がスタ−トとなりました。

早打ちと水上をメインに進行し、これにスタ−マインと、7−8寸玉が時折
打たれます。8号の献発(芸術玉)数本のコーナーはちょっとお得です♪
水上は『船からの投げ込み』が無くなり、静波名物の『海上一斉打上げ』
も船が無ければ中止です(残念)。投込みが消えたので、水上は小玉が
中心で、吹き上げるタイプだけとなって、面白さ+美しさは半減しました。
割合『強風で波浪』の時が多いそうで、そういう影響もあるのでしょうね。
余談ですが・・ザラ星入り『早打』を、スターマイン入り『早打』とアナウンス
してましたが、これは『花束付』と呼称する方がシックリ来ます(よろしく)。

今回は『momoeri』さん御献発の、PEACH LOVEオリジナル花火があり
ました。静波にも同じ名前の、可愛らしい海の家が営業していました。
100発の花火!とアナウンスの後、『momoeri』のロゴが枠仕掛けで描か
れた後、本体の花火スタートです。紅やピンクのハ−トがダブルで。ここ
までは『可愛いじゃん』程度でしたが、その後ハ−トの中にMが入った
オリジナル花火辺りから『花火への気合』を感じ、割り物に変われば綺麗
な赤系の色合いにビーチは染まり、そのまま同色系のクロセット菊から
点滅でキラキラとした後は、静波らしく水上にも幅を利かせるお祭り騒ぎ。
最後に中玉の金冠で締めたと見せかけ、するすると朴を従え昇る玉が!
色芯が入る豪華空中銀瀑で、ビーチを銀色に染め直し、気持ち良く終了。
100発以上はあったぞ・・という、華やかで可愛らしいけど本格派な、これ
じゃあ『ファイナルが霞むぞ!』という、サプライズに出会い光栄でした。

で・・ファイナルは本当に霞んだかも知れないけど、しっかりと海水祭りの
締めらしく『水上どかどか』、上空は以前よりパワーダウンしつつも頑張り、
止めには名銀瀑を3本仕立てで。滝の効果か、ミストを全身に感じるなぁ
と・・おいおい『雨じゃねぇか』早く長梅雨に明けて欲しいものです。


DATA
開催日 2009年 7月31日(金)
時刻 19:00〜21:00(20:15-45に本格化)
天候 曇りのち雨
場所 牧之原市静波 静波ビーチ
主催者 牧之原市観光協会 会場地図
公称玉数 1000
最大号数 8号
Equipment・PENTAX K100D Super
RETURN