- 2009年 -
貴船まつり
−奉納煙火−


海上渡御と花火(やや強引な1枚・・)
海上渡御と中華小箱(船は左右に揺すり方向を変えるので・・・)
『普通の花』を厳選しました 写りは良い感じ・・

入水していく神輿 海中神輿-1 海中神輿-2
祭りの花形といわれる『小早船』 海上渡御出発【囃子船(手前)小早船(右奥)】  海上渡御中の各船 


コレ『Final-Starmine』なんです★
真鶴港に散る・・
国指定重要無形民俗文化財、真鶴町の『貴船まつり』。
貴船まつり自体は、一部分を拝見したのみですが、港町ら
しく『海中に入る神輿』など、見応えのあるシーンや、神事
である『海上渡御』では、飾りを付けた船が海上を渡り、
日本の風情を感じる情景が、夜の港に浮び上りました。

今回の主目的『花火観覧』なのですが・・
(注:管理人の主観にて、09年度当日に見た感想になります)
『花火玉等』について肯定的な表現で書く事が、自分の文章
能力では出来ないので、一部内容を変更して記載します。

変わり玉といえば『聞えは良い』が、珍しいけど数発で臨界
点に達します(珍種の出現率が高確率で珍では無くなる)。
割物は文字通り『割って』いましたし、柔らかく出す『冠』も
そのグループに身を染めてしまったみたいです・・・嗚呼。
Final-Starmineは、『何を』『どういう風に』という設計図が見
えず、ただ連発・・その中心部は正にペンキ塗りマスター。

個人的に『カムラー』では無いのですが、お祭りとこの情景
では、和の心を持って美しく枝垂れる『冠』が似合うのでは?
と思います。アルコール交じりの青が目に染みた夜でした。

DATA
観覧日 2009年  7月 25日(火)
時刻 19:40〜20:10(『海上御渡』内で打揚げ)
天候 俄雨
場所 神奈川県・真鶴町 真鶴港
主催者 真鶴町(産業観光課) 会場地図
公称玉数 未公表
最大号数 4号
Equipment・PENTAX K100D Super
RETURN