- 2009年 -
ごぜ芸能まつり
- フィナーレ打上花火 - 

俯瞰撮影 『美浜岬の夜景と2.5寸早打』
さすがにという事で花火メインで 『戸田湾と2.5寸早打』
主会場をアップで 『美浜海水浴場と小型煙火』
引きと寄りの狭間で悩む中 『ファイナルスターマイン』

俯瞰撮影と観覧をしてみたのですが・・
筒場から1Km超離れた標高200m程度場所からの観覧・・最大玉は2.5寸玉で、
『見下ろす遠花火』とした今回、初の俯瞰花火見物&撮影を楽しむ事としました。
距離や号数の関係上、花火観覧とはちょっと言いがたく・・・花火は状況説明のみ
とさせて頂きます。打上開始は『イベント進行に合わせて』の為、20分程度押して
開始。早打ち2分→小型煙火7分→スターマイン1分(時間は四捨五入)と、小型
煙火主体。何ともという感じですが、間近で見るには『ウケ』も良いのでしょう。

さて・・俯瞰撮影プロジェクトですが、最初は時間の都合で距離5Km標高700m超
の峠から見下ろす予定でした。見た感じ明らかに無理が有るのと、やや霞んだ
大気に加え、暗くて静かなオカルトな場所で、違うモノまで写った写真になるのも
怖いし、その場で静かに待機するのはもっと怖いので・・もう一つの場所へ移動。

美浜岬を見下ろす丘に到着・・主会場の正面となり、俯瞰というには中途半端で
すが、眺望はとても良い感じです。1Km先の2.5寸玉は、90mまで上がってきて、
60m開く=最高地点の星は120mの高さとしても、下界に開花する事になります。
と・・考えた所で、結局1発開かないと、空間のイメージは分からないという事で。
漏れて来る進行の声を頼りに、夜景を露光しつつ待ちます・・やや長めの露光中
に花火が揚がります。小さい・・いや思ったよりは大きい??(写真1枚目)花火
写真としたら、夜景のアクセント級で違うような〜?俯瞰撮影なんだからこんな
感じか〜?花火好きの血が勝って『さすがに・・』という事で、花火に寄ってみる。
うーんかなり中途半端だ(写真2枚目)。この後は「あらら」の小型タイムに突入し、
遠方光源集中により露出は厳く、更に花火は小さくなってしまい、納まりが良い
所で主会場浜をアップで切取る(写真3枚目)7分の長い時を過ぎて、スターマイン
に切替るも、きっとファイナルと思うと冒険もできず、戸田湾の感じを残しつつも
花火主体と思われる所で数枚撮影し(写真4枚目)、初めての俯瞰花火写真撮影
は、つかみ所が分からないまま終了となりました・・・。

花火観覧としては遠く迫力に欠け、音や体感などの楽しみは無い。ただ・・夜景
の一部として、のんびりとぼーっと眺める空間は、また違った趣があると感じた。
たまには・・こんな『花火見物』をしてみるのも、良い癒しになるかも知れませんね。


DATA
観覧日 2009年5月30日(土)
時刻 18:10〜 (花火は21:00から10分程度)
天候 曇り
場所 静岡県沼津市戸田 美浜岬公園
主催者 戸田観光協会 会場地図
公称玉数 未公表(小型煙火7割)
最大号数 2.5号
Equipment・PENTAX K100D Super
RETURN