- 2009年 -
第32回 原・浮島ふるさと夏まつり
- 風と湿度の関係で煙害となりました −

7寸・4寸早打ち・スターマイン
綺麗な変芯変化菊と紅で打ち尽くすスターマイン
7寸・4寸早打ち・スターマイン
7寸は群トンボでしょうか 早打ちとスターマインは偶然同じ色です

7寸 錦牡丹群声小割浮き模様
凝った玉の部類ですが・・昇朴くらいは欲しい
大スターマインより
風の影響でスターマインは煙がちでした

観覧雑記

ワイド特別スターマイン・・という名前に左を空けて撮影しました
・浜松方面の予定でしたが、当日は天候も悪く・・山は豪雨や霧が怪しく、
行って見て厳しそうなら、下界に変更しようというその大会は早々に順延。
その他色々あって、浜松、伊豆と潔く諦めて・・6年振りの原地区観覧へ。

本年は地元の方によると、春先に一度は中止の方向になったとの事で
すが、自治体や関係者の方のご尽力で、無事開催となったそうです。
まず始めに『第32回開催おめでとうございます』
そんな理由もあって、前年やそれまでの資料と比較しても減寸(8→7寸)、
減量(スターマインの大きさ等)となりました(新聞発表では前年度並み)。
開催を喜ばなければいけないのですが・・来年以降の為に以下もろもろ。

(注:管理人の主観にて、09年度当日に見た感想になります)
7寸に曲導も付かず、花火も普通で寂しい。ある程度『魅せられる』大きさ
ですから、最大玉としてと頑張って欲しい!。また、プログラムについて
ですが、3ステージ+ファイナルを45分。1ステージごと提供を読上げて、
花火を連続で打上げ・・結果5分提供読み+10分花火の3クルーとなり。
かえって間延び&退屈感が増してしまいました・・。更に『ニックネーム』
なる名称が、花火に付いていて半分は使いまわし、半分はアニメなどの
タイトルになっていました。しかーし!『型物』は傘数玉と謎の物体2玉に
留まり、名前に見るのエンターテイメント的な要素は無しで至って普通。
最後に・・ファイナル『ワイド特別』となっていて、ワイドでも特別でも無い
担当業者提供の花火・・その名前は使いまわしとしても、内容が伴わない
訳で閉口するしかありません。復活を粋に感じたボーナス的な要素も無く、
自社提供の腕自慢もしない、ごく普通の大スターマインでかなり残念です。

DATA
観覧日 2009年 8月 1日(土)
時刻 19:30〜20:15
天候 曇り
場所 沼津市 原 原地区センター北
主催者 原・浮島ふるさと夏まつり実行委員会 会場地図
公称玉数 1200発
最大号数 7号
Equipment・PENTAX K100D Super
RETURN