- 2008年 -
尾張西枇杷島まつり

ファイナルスターマイン(光の宝石ダブル) ファイナルスターマイン(打ち止め)
オパール(ステンド牡丹) 銀滝と早打ち(順時・多重)


彩色で観る『役者達』
オパール(ステンド牡丹) アトミックリング 彩色の八方菊
万華鏡 万華鏡芯漣菊でもって万華鏡って・・ん? ミラーボール
光のオブジェ 何でしょう?・・その1 何でしょう?・・・その2

遠征につき・・観覧雑記Mini
・磯谷さんの花火を最近見ていないな〜と、清洲市のHP上で出たプログラムを
見たら(彩色)の文字がラストに躍る。磯谷さんのステンドがファイナル♪か?
事によったら、あの降雪のような点滅が締めだったりして・・と、妄想が暴走して、
勢いで!東海道を新幹線で爆走して、気付けば花火横丁の最西端記録更新。

遠征観覧なので手短に・・・大会は小寸早打ちが優勢な状況、まさに『普段着』の
花火大会な訳で、どんな玉が揚がるのか?なんて別な楽しみがあります。あたり
まえですが、牡丹や菊等『普通の玉』が見られました。私は牡丹の色に着目して
いて、再びあたりまえですが『牡丹の発色が鮮明』であってこそ、『ステンド牡丹』
他、彩色仕様の玉達が生きるのだと再確認。更に、鮮明な色牡丹同士を使った
スターマインでも、お互いが競い咲いても潰し合う事は無く。そんな普通の玉に紛
れて、突然磯谷さん家の『名役者』が出てきたりします。また、そのランダムなの
か狙ったのか?出演のタイミングが微笑ましくも、撮影するには辛かったりで。
芯入の割物も大きな盆で、消え際に『ふわっと』出る銀乱がとっても素敵です♪。
スターマインは、ザラ星に青銀乱を使っていた所に目が行ったり(ザラ星好き)、
プログラムタイトルって何?と悪態ついてみたりしつつ、ステンドのセットが出て
満足でしたが、シングルでは重なり過ぎて勿体無い。Finalは1箇所パステル牡丹
から、輪星千輪を長めに魅せつつ、打星入りのサイズアップした玉が心地良い
音で威勢良く。そして突然2箇所目が現れた瞬間、上空に優雅な『光の宝石』が
豪華ダブル仕様で輝き続け、今日一番の『ショータイム』となりました。更にその
締めには降り注ぐ金冠に、Vトラが後から突き抜けてゆく、印象的な幕切れで。

普通なのかスペシャルなのか?という問いには、俄か遠征者は答えられません・・
贅沢いうと『クロセット』でなく、『万華鏡や点滅』のスターマインがぜひ見たい!
遠征の物理的な出費は痛かったけど、心は『満足』足取り軽快気分はHighで♪
DATA
開催日 2008年 6月 7日(土)
時刻 19:40-20:15
場所 愛知県清洲市西枇杷島町・庄内川リバ−ランド
主催者 清洲町商工会朝市実行委員会
(清洲市)
会場地図
公称玉数 未公表
最大号数 5号
Equipment・PENTAX K100D Super
・「尾張西枇杷島まつり」は、江戸時代に製作され200年余の
歴史を誇る、5輌の山車からくりを中心とした祭典。初日の夜、
庄内川河川敷にて、花火大会が実施される。


←みるくくらうん
RETURN