- 2008年 -
松川灯篭の流れ花火大会
- Plus limited edition -
通常版のエンディングに3本足して『宴』のスタート  爆裂!Import wide? 
Digital starmine in ITO
ファイナル大銀瀑(序盤) ファイナル大銀瀑(終盤)

観覧記mini
灯篭流しの後に行われる安針祭のプレイベント的花火。形や時間を変えな
がら毎年行われており、ここ最近は10分間となっている。
何やら今日は『プラス版』が用意されている様で、通常版が5分間短縮で、
プラス版が10分間という状態らしく、本来通常版では使わぬ新井堤防上に、
闇夜に怪しく佇む大小大量の筒群が、その宴が盛大である事を物語る。

主会場からの観覧でしたが、定刻と共に花火スタート(アナウンスは無し)。
スターマインでお出迎えの後は、ザラ星入りの早打ち。これを3クルー繰り
返す、のんびりな納涼花火大会。そして5分後・・・その締めに用意された、
(はず)3連金冠が新井堤防から打たれる。その間から曲を従えた大きな
金冠が大量に奢られ、エンディングがプラス版のスタートでもあったのだ。
サプライズ・・・尺玉が随時上空に打たれ、温泉マークや様々な形の魚も
楽しく、ランダム打ちタイムが賑やかに。中華小箱のワイド、中華大箱(?)
の大噴火マシンガンワイドなどを挟みつつ、デジタルスターマインも登場。
下部は小型が多めでしたが、中段にはクリスタルフラワーや、パステル
リング、そして頭一つ抜ける大玉も効果的に、ハイスピードな仕様でした。
その余韻が残る中、尺玉に先導され『名水大銀瀑』が湧き上がって来た♪
幅は『あの名瀑』には勝てずとも、水量と落差はそれを越える、量と密度
が物凄い、音圧が頬を刺激する程の仕上がりに・・・放心状態必至です。
細かい事は抜きで、豪快で大迫力なサプライズ。とにかく驚きの一夜に。
DATA
開催日 2008年 8月 8日(金)
時刻 20:45-21:00
場所 伊東市湯川 松原堤防+新井堤防
主催者 伊東観光協会 会場地図
公称玉数 500(通常版)
最大号数 3号(通常版)
Equipment・PENTAX K100D Super
・伊東港に流れる松川にて実施される「灯篭流し」と、河口の赤
灯台で行われる花火大会を合わせた、安針祭のプレイベント。
RETURN