2007年 野辺山高原スノーフェスティバル

早打ちパ−トより ファイナルスタ-マイン

暖冬に苦戦するアイスキャンドル 漆黒の空に輝くオリオン座

プチ観覧記
18時の気温がプラスを差している。野辺山のこの時期
としては、5℃程度高い気温らしい。この影響で、アイス
キャンドルは溶けだし、その影響で囲いが壊れだした
キャンドルに風が当たり炎が消え‥暖冬の影響直撃。

星降る野辺山高原、市街地で見える星の倍以上暗い
等級の星まで見える。ちょっと暗めの星で構成されて
いる星座はかえって見難いくらい。オリオンの右手の
棍棒や、左手に下がるライオンの毛皮の部分も見え、
ずっと見ていても飽きない、満天の冬の星空を満喫。

20時花火開幕♪スターマイン→早打ちのローテで進行
するスタイルで、15分程度と聞いていたが、1段高い花
が咲きここから盛り上がるのかと思いきや、直後金の
滝が降注ぎ約9分で打止め・・え〜お終い?拍子抜け・・


DATA
Outline
開催日 2007年 2月10日(土)
時刻 16:30-20:30 花火は20:00から10分程度
場所 長野県南牧村野辺山 南牧村文化情報交流館
主催者 南牧村商工会 会場地図
公称玉数 未公表
最大号数 4号
equipment・PENTAX ist DL2
・第12回『野辺山高原 スノ−フェスティバル』。星とキャンドルと
花火の三重奏‥空には野辺山高原の誇る『満天の星』が輝き、
雪上に2400個の『アイスキャンドル』が幻想的な揺らぎを見せ、
そんなシーンの中、締めに『打揚げ花火』が会場を照らす。

○:晴天に恵まれれば、もの凄い数の星達が空に輝く。
Return