2007年 名水と国蝶オオムラサキの里まつり

Part2安らぎの時 より Part3明日への戦い より
オオムラサキ(Sasakia charonda
鱗翅目タテハチョウ科

観覧後期 
開幕の絵(横でも数枚撮りたかったらしい→無理♪)
先行の裏富士隊(お世話になっています)様から、イベント情報等頂き、
お昼頃から『名水流し素麺』とか、『キャラクターショー』とか、さらには
山梨と名産品も販売したり、イベント盛りだくさんだったようですが、軟弱
な静岡隊は『大釜宝刀』に間にあう16時ごろに、会場にようやく辿り着く。
ほうとうで腹ごしらえしつつ、筒場など確認してさらに食材を買いあさり
観覧場所へ行き、和太鼓やサ−カディアンリズムの歌を聴きつつ連投
と病み上がりの疲れを温存。ここの模擬店は安くて、ちゃんとしたもの
で貧乏な半病人にも優しい(謎)

定刻を少し押して花火大会がスタート。アナウンスがあり、全30分を5部
で構成する内容(タイトルから内容の予想が付かない)。ミユージック
スターマインや、尺玉のオオムラサキ等が揚がる話しは聞いていました
が、それ以外は『呑気』な感じかなと『緩い』気持ちで居た所・・・開幕から
トラは出るし、ワイドだし、小型もじゃんじゃん出て来て『ハイペース』じゃな
いか!(嬉しい悲鳴・・も撮影は後手回り・・・最後までついて行けず惨敗)。
通常は単発や連発・・という区分けよりは、それが緩急の一部と化して、
3箇所を中心に上手具合に出したり止めたりで、幅広だとという印象付けを
していた。ただ・・小型煙火が『そこまではイラナイよ』って位、じゃんじゃん
出て来て煙も吐いて、花火本体が出終わってもダラダラ締りなく(悪くは無
いんですけど『過剰?』)。無いと寂しい感じでも無いので、この分を普通に
ザラ星やトラ、コメット等に回して頂き、『大きく』表現して頂ければ、さらに
ググッと高揚感がアップ。煙のはけが悪く、肝心のオオムラサキさんの大
親分は、ムラサキ色が煙で霞みちょっと残念な結果に。さらには郡蝶まで
も登場したのですが、みなさんソッポ向いて可憐な姿を見せてくれません
でした・・・来年またおいで!という事でしょうかね。
イベント全体を通してすごし易く、楽しい夏の一日を与えて頂きました(礼)。

DATA
Outline
開催日 2007年 8月 5日(日)
時刻 20:20-21:00
場所 北杜市長坂 富士川河川敷スポーツ広場
主催者 北杜市 会場地図
公称玉数 3000
最大号数 10号
equipment・PENTAX ist DL2
旧長坂町時代よりの夏のイベント。キャラクターショーや、名水
の流しソーメン、名水の大釜ほうとうなど多彩なイベントのグランドフィナーレとして行われる「音楽と花火のコラボレーション」

○:家族連れにも優しい楽しいイベント盛りだくさん
○:花火も盛大で見せ場も充分
Return