2007年 遠州はまきた飛竜まつり
-飛竜火まつり-

飛竜ナイヤガラ仕掛け(今年はお腹近くで滝が出ました)
前半・早打ち流し打ちより 前半・銀芯ステンドグラス同時打ち
後半・ワイドスターマイン 後半・ファイナル(ぶっ飛びましたがあえて記載)

観覧後記
♪チャララ〜チャララ〜(:ロッキー反逆のテーマ)竜隊長を先頭に我々
探検隊は密林を抜け瓦礫を乗越え、伝説の「裏飛竜」を終に発見した!
ジャーン・・・CMへ(謎) *隊長、身を挺したアタック、ご苦労さまでした

ここの魅力はその短い時間に凝縮された、ハイテンポな展開の中で、
狂喜乱舞する力強さと、育ちの良い花火玉達の奏でる絶妙な空間美。
手筒終了後から飛竜ナイヤガラ点火までの前半では、中華小箱の増殖
が少し気になりましたが、「ハ・マ・マ・ツ」と空中文字を仕掛けたり、星の
成形で彩色なヒトデを作る立体物や、矢印の型物が出たと思えば、7号
八重芯が咲いたりと、多彩な連続打ちで魅せる。締めには、朴を従えて
5輪の銀芯ステンド牡丹があしらわれ、特に大玉は「何色入ってるの?」
と、上空をうっとり見つめるのでした。(注:歓喜の声が轟いたとの噂も)
今年は風が弱く、久々お腹近くでナイヤガラを出した飛竜さんを挟んで、
浜北ワイド劇場〜だまって見とけ打ち2007〜、至福の2分が上演開始。
お出迎えの5箇所5色のカラー牡丹ワイドはどーした!何て思ってると、
今年はコレなんだよ!と、3箇所3色の牡丹から、一段上には菊先小波。
もう菊ですか?と思えば、ピッチが上がり色と点滅の世界へ。ついに5連
5色のザラ星に牡丹だ!菊だ!錦だ!と、各階層を飽和ギリギリで激しく追い込む乱れ咲き。トラ→ザラ星→トラ+ザラ星→ズババッと銀一斉の
後光が差して打ち止めー!ザラ星たちの色が目にしみる・・・また来年♪
7号八重芯変化菊

DATA
Outline
開催日 2007年 6月 2日(土)
時刻 18:50-21:00(花火関連20:30〜)
場所 浜松市中瀬・天竜川中瀬緑地
主催者 遠州はまきた飛竜まつり実行委員会 会場地図
公称玉数 未発表
最大号数 7
equipment・PENTAX ist DL2
・焚き火への点火を合図に、松明行列、手筒花火と炎祭りの
締めに、ワイドな場所を存分に使った花火と、真打『飛竜』を
使った仕掛け飛竜ナイヤガラが行われる。


:時間は短いが、花火の素晴らしさを存分に味わう事ができる
浜北ワイド花火劇場。

○:口から『乱玉』、長い腹に『ナイヤガラ』。飛竜仕掛けもココ
ならではで面白い。
Return