2007年 ふじかわ夏まつり

中締め(?)100mの銀滝と中華小箱
早打ち側:千輪4連打 スタ−マイン側:ファイナル銀瀑(破)

現地調査記 
強撮系・・・会場を2分する発射場記念撮影
ここ富士川町の大会は、集中日などで中々行く機会も無く空白のまま・・・。
最大尺玉らしいけど、どんな〜といったたぐいの噂も耳にせず。今年度は
西方見聞予定でしたが、先週発症の病みも上がらずして近場へ向かう。

筒場が分から無い・・全く見えなく探しようも無く、聞いても要領を得ずして。。
信号玉の発射位置は水道橋の後方、川に平行するナイヤガラの裏は荒地
のち崖で川。全量信号玉の位置かと推定していたら・・・開幕はナイヤガラ
横から3連ワイド一斉千輪ときた。ああ、筒場は分断されていたのね。。。
4号〜10号の早打ちと、通常やWスターマインを交互に、中華小箱も少々。
全体の2割程度は生きた玉で色も良く、スマイルやうさぎなどできの良い
型物も。これ以上は記述する気に成りませんので・・・一言だけ花火横丁
公式コメントを。割火薬は玉を割り星を適宜の距離へ飛ばすのであって、
玉殻もろとも吹き飛ばすというのはどうかと。。。以上今回はもうおしまい!

DATA
Outline
開催日 2007年 8月 4日(土)
時刻 20:20-21:00
場所 富士川河川敷スポーツ広場
主催者 富士川町商工会 会場地図
公称玉数 2000
最大号数 10号
equipment・PENTAX ist DL2
旧富士川町(現富士市)開催夏の夏まつりに行われる花火大会。
Return