2005年 海開き花火大会
伊東オレンジビ−チ

紅じゅうたんと斜めスターマイン デジタルワイドより
金冠対向打ち
*2005年以降開催されていません
Sideway photograph exhibition (FromTRV225)


← 暗視望遠で見た!
   
   う〜ん!水上打出しが
   多そうですね・・・の絵。
手筒動き過ぎ →
   
点火してから数メ−トル、
静止無しでスチルじゃ無理ね。
DATA
観覧後記
開催日 2005年 6月 4日(土)
時刻 20:30-21:00
場所 伊東市・伊東オレンジビーチ前
主催者 伊東観光協会 会場地図
公称玉数 2000
最大号数 5号
--------------------------------------------------
T.P.Materials
・KonikaMinolta DimageA1
・WideConverter KonikaMinolta ACW-100/
・Cokin ND4Filter
----------------------------------------------------
梅雨前線が南岸にスタンバイ中・・・当然天気も怪しい。伊東と
相性が悪いみただけど、6月の花火は嬉しい〜祝初開催♪〜

開幕〜やや広い間隔の2箇所からの打揚げで、だいたい同じ
内容を左右でというスタイル。「海開きならでは」か、水上への
斜め打ちを多めに、早打ちとスタ−マイン系という流れ。海上
に打ち出す『紅じゅうたん』が"静止金魚→弾け"の動きを見せ、
使い方次第では面白そう。水上系はこれ以外なく、水上扇菊が
揚がると華やかさも増し、海のお祭り状態で◎だと。左右から
中央へ対向する金冠を贅沢に打った後、デジタルが始まる。
中盤までは1パ−トを数度回す感じ。少々上空が寂しく、トラの
角度が立ち気味だと勝手な客約1名以外は、炎の扇を下部に
使う所が特に好評(小型は妙に受けるのだ)。終盤に向かい、
上空の花も次第に満開となり、ハイテンポな打揚げをしながら、
最後に再び左右から上空と中央にビシッと銀瀑を決め終了。

Return