2004年 富士山麓須走の大花火
- 10月 23(土) -


開幕!(発射予測位置外れたね〜) 第3部より フィナ−レの尺連打
三重芯変化菊(小芯が写らない・・・) 八重芯+未来花(風)小波(露出アンダー) パステル芯パステル覆輪(露出アンダー)
観覧記 昨年「わかふじ国体」の歓迎セレモニ−で揚げた1回だけの大会、その場所再び花火大会
を行う予定であると、10月初旬ある方からメ−ルを頂く(感謝)。以後詳細確認に翻弄・・・
所要もあり、薄暮を過ぎての現地入り。付近の気温は11℃と、寒いお知らせを見つつ到着
入り口には模擬店がようこそ!と、湯気を昇らせ「暖かい物」の販売。おいおい・・この気温
誘われてしまうではないか〜おでん200円X2お買上げ〜。定刻をやや過ぎ、控えめな単発
同時打ち先導付きスタ−マインで開幕。5部構成の進行で合間は早打ちでリレ−となる。
以下部ごとの感想などを気ままに・・・
@須走の四季A未来への架け橋・この辺りは煙幕でやや撃沈ぎみ。
Bメロディ−フェスタ・動揺メドレ-は、今年の日本平縮小版「再び逢えて♪」。美空ひばり
の花火物語は、新鮮な感じで私は◎でした。りんご追分=りんご型物という風に、歌詞や
情景を花火で表現。最後は川の流れの様にを、金柳で表現しとっても優雅。
C大仕掛け・主催名の大枠仕掛け。D特大尺玉50連発・多重芯は三重芯まであり喜ぶ。
千輪や、椰子入りのお得意玉に、芯と親星感度差大の玉などお馴染み様から、ストロボ
星を使い明滅しながら開く玉、八重芯+未来花に親星小波を使った創作玉、パステル芯
パステル覆輪等様々な尺玉で楽しませて頂いた後は、銀冠連打→千輪入り錦冠大連打
に、パステル芯入り一斉を重ね終了。須走り・・なんだかとても豪華な大会で大喜び。。
*2004年度特別開催

---------------------------------------------------
Materials
・KonicaMinolta DimageA1
・ACW-100(WideConverter)
----------------------------------------------------
開催DATA 
開催日 2004年 10月23日(土) 会場地図
時刻 19:00-20:00
場所 小山町須走 旧富士サ−キット跡地
主催者 (社)須走彰徳山林会
公称玉数 **** 最大号数 10

Return