2002年 土浦全国花火競技大会
- 10月 5日(土) -

10号玉の部
地元・静岡県業者の出品作品
01昇り曲付三重芯変化菊(静岡・臼井煙火) 15昇曲付三重芯変化菊(静岡・イケブン) 31昇曲付八重芯銀菊変化(静岡・田畑煙火)
  
40昇曲導付八重芯変化菊(静岡・神戸煙火) 65昇曲導付八重芯錆菊光露(静岡・三遠煙火)  
10号Best3
優勝 準優勝 特等
43昇り曲導付四重芯変化菊
(茨城・野村花火工業)
84昇曲付三重芯白菊先銀点滅
(茨城・山崎煙火製造所)
86昇曲付三重芯変化菊
(山梨・山内煙火店)
その他個人的な選択
53昇曲導八重芯大柳火サクランボ浮模様
(新潟・片貝煙火工業)
72昇り曲導付三重芯錦冠先群声
(愛知・豊橋煙火)
76昇り雄花三重芯変化菊
(長野・太陽堂田村煙火店)

スタ-マインの部
スタ-マインBest3
優勝 準優勝 特等
91今宵はHANABIでパ−ティ−
(茨城・野村花火工業)
92天空の幻想花壇
(神奈川・ファイア−ト神奈川)
60Viva
(茨城・山崎煙火製造所)
その他個人的な選択
37音と光とリズムの花火カ−ニバル
(栃木・須永花火)
59FANTASTIC FIRE
(秋田・和火屋)
93さあみんなで歌おう!踊ろう!
(山梨・マルゴ−)

創造花火の部
準優勝 特等 2等
57海月
(秋田・小松煙火工業)
55昇曲導付 愛のエンゲ−ジリング
(静岡・三遠煙火)
67サボテンの花に満天星
(長野・太陽堂田村煙火店)

----------------------------------------------------
撮影Data 使用カメラCanonPowerShotG2
----------------------------------------------------
観戦記録 

鈍行列車を乗り継ぎ延々と土浦までの旅、4時間にせまる一人旅、東京までが辛かった・・・さあ土浦だ!

全国の業者が腕を競う大会に、私ごときの若輩者が語る事も恐れ多いので今回は、私なりの感想ということで、
以下を綴りたいと思います。
10号玉の部私的に単発割物の中で一番好きな号数で、中でも多重芯がお気に入りな私。注目は勿論
四重芯で、始めて見た作品が結果優勝作品となった。しかり分かる芯の出し方は凄いの一言。ゆったりと大き
く開く盆もまた魅力的でした。(43)もう1つの注目は昇り曲導。小花の中に芯が!細かく綺麗に魅せます(31)。
スタ−マインの部テンポよく繰り出される名花達、もうスタ−マインショ−って感じです。なかでも『さあ!みん
なで歌おうおどろう』は、音楽とのシンクロを屈指した、エンタ−テ−メント志向の名作。ただし、安易な観客受
けでなく、きちんとし花火玉を崩れる事のないタイミングで打ち切る!しっかりとした作りでした。(93)他では、
和火から21世紀の色彩豊かな洋火まで、そんな色使いの構成も私的に好きでした。(59)
創造花火の部観覧場所にもよるのか、内容が良くても負けてしまう。型物や創作事態は楽しいのですが。
大会提供:のワイドスタ-マイン土浦花火づくしは、最後の方に八重芯連打で私としては大感激でした。
余興花火:広告仕掛けである。レンコン生産日本一!の文字とともに流れるレンコン音頭がツボにはまった。
裏打ちが、レンコンだったら大うけにち違いない。

片付けや挨拶を終え20:50に観覧場所を後にして、雑踏を競歩で抜ける。25分くらいで駅にたどり着き、
21:21分の特急で土浦を後にした。最終の新幹線に間に合い、地元駅に23:50ごろ到着。タクシ-で自宅に
もどる。日付は変わっていたが、さすが特急電車とタクシ−!素早い帰宅でした。出費は凄かったけど・・・。
*2002年観覧分の雑記です

 

開催DATA 

開催日 2002年 10月 5日(土日)
時刻 18:00-20:30
場所 土浦市・桜川畔

○競技花火
・10号玉の部 1発
・創造花火の部 5号玉7発
・スタ-マインの部 
2.5号玉-4号玉 打上げ数は350発以下
筒数は200本以下(星を直接打出す筒、2号以下100本以下)

○非競技花火
・余興広告仕掛け 5基
・大会提供 土浦づくし(ワイドスタ-マイン)


打上げ総数 公称25000発・最大打上玉(10号)

   8茶処静岡お茶花火(静玉屋)        土浦花火づくしより     

RETURN