- 2018年 -
花火シンフォニア
- 25th anniversary -

注:操作遅れ→ホワイトアウトも・・シルエットが良い感じなので記載(銀残し)

観覧雑記
超高感度でサーフコースター・リバイアサンを撮る!
Gorlden week突入という事で、今年は『八景島シーパラダイス』の花火に
行ってみましょう!25周年の特別プログラムの様ですが、今回は冷静に
島外から撮影メインで。13年に登った『野島公園・展望台』の下エリア、
確かこのあたりが『サーフコースター』バックから花火が出て来る・・はず。

アクセスは京急金沢八景駅から。1.6km程の徒歩になりますが、15分も
歩けば到着しますし、急いでおりませんので健康の為。(実は野島公園駅
まで1駅ですがシーサイドラインも有る)この駅付近に橋があり、ここから
船を前景に撮ると良さげだとか。ふむふむ・・確かに良い感じですね!
歩道もかなり広めですが、通行の妨げになりそうだし、落ち着かないし、
一見さんでは『撮影輩』になるのでやめておきましょう。そのまま橋を渡り
公園まで数分、歩けば歩く程花火に数十メートルでも近くなる(意味不明)

新機種KPで勃発した、ライブビュー撮影のシャッターラグ問題。唯一の
遅延解消法が『Wi-Fi+アプリ』でモニターしながら撮影。コレだと操作系
や撮影プレビューが出ないので、結局ファインダーとなり。ド近眼+矯正
状態で老眼・・という、最悪のコンディジョンで撮影する気が失せてきます。
メーカーが個人な問題(機能的問題だと思うけど)に対応するハズもなく、
この状態で現状としては『慣れる』しか無いという、厳しい現実なのです。
待ち時間に鍛錬をしていると、バッテリーが減ってくるという・・がっかり。

定刻ちょい過ぎ(MCとBGM時間ですね)に花火スタート。完全な風上なの
で、花火の音も余計に小さめ。普段発射音と間合いからの感覚で撮影
しており、この間合いでは後手になるので、いかに早くリズムを掴むか?
が重要なのですが、やっぱり前出の問題で花火への集中力が削がれ、
露出と写りの具合も違うので、考える事も多く花火がちゃんと見られない。

そんなわけで、ざっくりとした印象ですが・・
昨年は不明ですが4号玉が復帰した様です。サイズの恩恵でとりあえず
の芯物や、型物、流行の時差変色の花火が一段高く咲きました。最大玉
を1箇所で早打ち(このパートでは、単玉でキメられるヤツ出ず)に使った
り、頭一つ抜ける事で見栄えが良くなる・・などの演出にも効果を発揮!

所々意味不明な八方咲が一輪咲く(最大玉というわけでもなく、逆に意図
を知りたいかも)とか・・玉の種類がオーソドックスで、色で魅せる感じでも
なく、花火自体は弱めか?なと・・文句を言いつつ、最後の銀冠に切替る
タイミングと、その打ち方はキレと高揚感があって、さすがの点火術!
スカッとさせて頂きました。相変わらずのテンポとキレ・・良玉を望むばかり。

そんなわけで・・その銀で、対閃光のクセも確定したので、めでたしx2。
DATA
観覧日 2018年 4月 29日(日) 場所 神奈川県横浜市金沢区 八景島シーパラダイス
時刻 20:30-20:40 主催者 横浜・八景島シーパラダイス
天候 晴れ 公称玉数 ***発 最大号数 *号
RETURN