- 2018年 -
湖西湖上花火大会

開幕 八重芯錦牡丹先点滅+スターマイン 昇小花付 彩色蝶千輪
八重芯錦冠降雪+夜空のパラダイス(同時打ち) 三重芯変化菊+冠状柳小割浮き模様(同時打ち)
ファイナルスターマイン-序盤 ファイナルスターマイン-終盤
ファイナルスターマイン-終盤 ファイナルスターマイン-締め
水上スターマイン-中盤
ほぼ水平打ち水上スターマイン-最終玉

観覧雑記
湖西のスターマインと・・舘山寺・浜名湖パルパルの花火!
8月最後の土曜日は、5年振りの『湖西』へ。静岡県内の夏花火を巡る・・
とはいっても、県境の湖西までは150km超の距離と、東京の方が近いの
です。南は伊豆半島とか、北は山間地とか、県内巡りもまぁまぁ移動が
大変なんです。そんな感じで毎年後半は『体力消耗』の為。今回は20日
以降重視!なんて計画でしたがやっぱり疲れはピーク、そこに台風20号
が襲来し、結果予定はめちゃめちゃに・・・戦意喪失、もうなんだかなぁ。

現地17時着・・色々な意味で出遅れ感。かなり前に場所は色々ロケハン
済みだったので、2-3箇所検討して何とか90分前に観覧場所を確保。
台船は正面でしたが、よく観察すると『扇』左側の筒口が見えているので、
演出に対しては、左に捩れている模様。水上は左側に首を振る感じで、
観覧には支障がないですが、撮影は出方と気分で臨機応変に対応で。

花火スタート
主会場と余り離れていないので、MCが聞こえるかと思いましたが、風向
なのか音量なのか全く聞こえず、尺玉がズドーン!八重芯御鎮座の開幕。
*こんな事なら、待ち時間に歩いてプログラムを貰いに行けばよかった。
続いてスターマインが続き、早速『扇打ちの産地・湖西』らしく、まだ鋭角
方向ですが、掃射付きの一斉が装填されていました!

開幕スターマインの後は多分慶祝花火(個人協賛)タイムとなり、5寸から
尺玉まで、単発を中心にしたプログラム。中~大玉を堪能する・・という
ペースで、閃光、グラデーション、時差、多重芯、千輪、そしてお家芸の
マジックと、創作、芸術玉も多め。ただ・・多重芯+千輪(浮き模様)の、
同時発射が2回。一発は唯一の三重芯なんですが、何で同発にするん
でしょうか?これ意味が全くわかりません・・『多重芯は単発で』#####

その後は、スターマイン3回の間を5寸程度の早打ちで繋ぐ進行。スター
マインの最後には、扇打ちが必ず付き、サイズUPかつ2掃射くらいと
派手さを増します。(撮影は左側が巨大化・・という状態ですが)一方、
早打ちは大玉やスターマインの後となるので、大きさの問題もあって、
名花が出ても、ちょっと間打ち・・という感覚が強いです。

続いて水上スターマイン。2基から浜名湖流の早いペースで開花させ、
わかっちゃいるけど、もう少しノンビリと水上開花の美しさを見たいなぁ
と毎度の感想。(5年前から1基減ったのと、水上が終了後、ファイナル
スターマインとなりました)

そしてファイナルスターマイン。扇にしか打たないぞ!とばかりに、数々
の花火を、視界全域にわたり打ってゆき、様々な景色を生み出してゆ
きます。好きな色、好きな花火で満たされれば・・幸せ。そうじゃなけれ
ば・・これじゃないと、感情もふらつきながら、最後は目一杯の錦色に
周囲を染め上げ、色芯の大玉が気持ち良く開花して終了となりました。

各所『もうひとこえ!』って場面がありつつも、さすが三遠煙火さんの地元
大会、花火と演出は裏切りません!

変則的なものと未記載分を含めて7月9回、8月10回。県内のご新規は
計画『4回』に対し、2回と極小になってしまいました。天候不順や順延の
確認しようが無いなど・・ご新規物件も、ちょっと限界が見えたのかなと。
そんなこんなで、花火横丁19シーズン目の夏が終わろうとしています。
『夏が来る いつも夏は来る 両手広げて待っている 歳を取るのは素敵な
コトです イジけない ネタまない 間違ってなんかない』・・大黒摩季さん

あと1回・・どうしようかな?平日ですし、体力の底に到達しているので。
DATA
観覧日 2018年 8月 25日(土) 場所 静岡県湖西市鷲津 鷲津駅北 浜名湖上
時刻 19:30-20:15 主催者 湖西湖上花火大会実行委員会
天候 晴れ 公称玉数 1000発 最大号数 10号
RETURN