- 2018年 -
忘年・アタミ海上花火大会
- 開催 2/2回目 -

開幕ワイド
通常パート(極・パステル 四重芯変化菊)
デジタルスターマインより
デジタルスターマインより
デジタルスターマインより
大空中ナイアガラ

観覧雑記
春夏秋冬コンプ・・とはいきませんでしたが、自身のカメラ代替の件もあり、
本年4回目となる『熱海』です。そして、今日は今年最後の開催となります。
天気予報が大きく外れ、雨どころか星降る夜空・・少々強めの『寒風』が
吹いておりますが、まずまずのコンディションとなりました。

開幕は5箇所からのイケニシキ!自慢の炭(謎)で、火の粉がキラキラと
漂う余韻付き(しつこい冠←こんな愛称で呼んでいますが大好きです)。
開幕セット後は通常パート。12月ですから!『多重芯まつり』や、創作系、
クリスマスっぽい型物など・・が出ていた時代、イカっぽいサンタとか、
☆とツリーのデジタルとか、豪華曲導付き多重芯は・・アタミレジェンド化。

スカスカ感(個人の感想です)に、輩花火の多さ、これが現実です・・
と・・気を抜いていると、往年の色彩を魅せたり、希望の(もてる)星、
そして本日唯一無二の逸品、極パステル芯をあしらった四重芯変化菊が
ご鎮座!といった場面で僅かに盛り上がります。同じ朴付の玉をまばらに
揚げているので、尺っぽい音がしたら集中していないと見逃しちゃうぞ!

デジタルはツリーっぽいトラの演出と、カラフルな場面で、この時期っぽい
演出なんだろうな?というオーソドックスなやつ。小型で時間を延ばして
物量は少なめ・・というのが辛そうで、見ていて寂しい気分になります。
デジタル以降は四季問わず・・何か、もう少し季節感が欲しいな~。

大空中ナイヤガラは、若干短め&小玉多いという印象でしたが、たぶん
いつもと変らないのでしょうね(気分的な問題?)

カメラ代替後4回目の熱海撮り。タイミングが上手く見きれた事も大きい
ですが、大銀瀑の最終シーンが『やっと』決まったり、やっと前機種並み
に、テキトーに操作して何となく写せる様に。観るのも、撮るのもアタミは
何時も、鍛錬の場です☆(お世話になっているのに毎度スミマセン・・)
DATA
観覧日 2018年 12月 16日(日) 場所 静岡県熱海市 熱海湾
時刻 20:20-20:45 主催者 熱海温泉旅館組合
天候 晴れ 公称玉数 3000発 最大号数 10号
RETURN