- 2018年 -
新春・アタミ海上花火大会
- 開催 1/2回目 -

2018年の開幕花火
通常パートより
デジタルスターマインより(三重芯inside)
デジタルスターマインより
大空中ナイアガラ

観覧雑記
昇るオリオン座(O-GPS1@60sec)
本当に久し振りの『アタミ』です。電車と徒歩で30分程度なんですが・・
20ヶ月も空いてしまいました。あの坂がキツくなったってワケでは無く(笑)。

今宵はNHKの取材が来ているそうで『加藤諒』さんの、しっとりとした、
やさしいトーンのカウントダウンで、2018年のアタミが開幕となります!
開幕ドーン!5箇所からのイケニシキ後・・ん?1箇所打順がリバース。。
尺も奢って開幕セット終了(特にNHK向け増量みたいなの無さそう)。

観覧間隔が空いても(空きすぎですが)、開催季節なりのアタミなんですが、
通常パート(アタミ打ち)に間引き感大。3箇所からの打ち方もコレを上手く
消す様な印象です。時折自慢の『時差発光系』や、Bなのか、お○りなのか、
みたいな、ツッコミ系の型物、輪星の千輪などがちらほら来ますが・・玉の
サイズも小さい方向にシフトしている印象で、見所のある玉に辿りつくまで、
花火達も荒ぶりがちで、ココ熱海なんだっけ?って感じも。

通常パートはさらっと忘れ・・色々な意味で期待のデジタルスターマイン。
幅が・・ちょい狭くなっています。特効が色々出て来て、上空パートへ移行
イキナリカムロ・・の上に尺玉ドーン!後、小型煙火でkill some time。
上空にはグラーデーションリングがポチポチ。再び盛り返して、時差光輝
も入った特効でツリーっぽい演出に。引続き上空に二度咲く花各種、
特効に戻り(特効と時系列で絡まない・・)銀朴の先には三重芯変化菊。
芯の出現が遅い(菊先変化?)ので、最初墨色のもわーっとした何かの
後に三重の芯が一斉に出現する、ちょっと変ったタイプでした。その後
ラストスパートへ続くも締めに大玉は無し。以下通常P+弱めのαで推移。

そして空中大銀爆へ・・斜め星打ちも無く普通な出だし。引弱く太め、独特
のあの色が、少し戻った感もする低層。火力が上がると緑光っぽいアレ
が見えたり、荒ぶったりしながら・・爆圧も気持ち良く、打ち切って終了!

頑張れ熱海!負けるな静岡の雄!!
DATA
観覧日 2018年 1月 13日(土) 場所 静岡県熱海市 熱海湾
時刻 20:00-20:20 主催者 熱海温泉旅館組合
天候 晴れ 公称玉数 3000発 最大号数 10号
RETURN