- 2017年 -
伊勢伊勢志摩サミット開催記念 鳥羽小浜 神宮奉納神楽・伊勢薪能
海上目の前花火の共演
- 開催3/3日目 -

観覧雑記
花火見つけました(笑)3/1-3/3『三重県鳥羽市』薄暮の時間18時過ぎか
ら10分程とか。箱根でも開催した『系統』みたいですが・・さてどうでしょう。
3日間開催ってのがアレなんですけどね。三重県での初花火&最南端!
て、事で・・残休暇の消化を兼ねて、350Km超のドライブに出掛けましょう。

いや~遠いですね。四日市あたりで残り半分・・京都へ行くのと変らない
という事実を看板で知る。あっ!平日だったって事も気付き、ちょっとケチ
って高速降りたら『伊勢神宮奉納煙火』の開催場所を通過したりしつつ。
南下を続け230分後到着、とりあえず食料補給(イセエビとか予算無し)。

強風に吹かれつつ、会場の小浜地区(湾?)に到着。主会場のホテル横
ではイベント準備中。どうやら海上の『筏』から打揚げする様ですが・・
『筏がいっぱい浮かんでいる』ので、どれが正解かわかりません。なに?
なに?何なのさ!70mm級レンズで撮影し、拡大検索という地味な作業を
していると・・高貴な風貌の姉さんが現れ、『あれは釣用筏なの』と教わる。
どうりで筏が多いわけだ。花火ガード的な物体もついていて紛らわしい。。
あっ、ちゃんと見つけましたよ~銀色に輝くアレを。ステンで良かった~
目立つし、軽いし、ん?関係ないか。いや、軽い方が良いんですって☆
主会場からは雅楽『越天楽っぽいの』が聞こえてきて・・イベントは開幕。

強風に吹かれつつ、まだ明るいな・・の18時。ディレイありかな?なんて、
だらけていると、花火開始の様な事を言っているみたいで、定刻の10分
にカウントダウン(あと10分待とうよ!)で、花火スタート!

ダン・ダン・ダン・ダン・ダン・ダダダダー!(発射音で表現)って開幕。
早め連発+一斉って言っておきましょう。引続き小型が2箇所から出て、
早打ちへ。内容は・・2箇所からの小型(基本)⇒早打ちor早連発+一斉
orスターマインのどれか・・という流れですね。斜めの星打ち等の特効系
は最後の扇くらいで、筏が遠かったので期待したのですが・・水上系なし。
もうちょっと何かあるかな?って思ったけど。やはり『3日間開催』の壁か。
最後の方に『N-Blue』のピカピカムーブのリング2発と、割物1発が出て、
少しテンションUPしますが・・金冠が風で飛ばされ、おひらきとなりました。
DATA
観覧日 2017年 3月  3日(金) 場所 三重県鳥羽市小浜町 小浜湾
時刻 18:10~18:20 主催者 鳥羽小浜旅館街活性化組合
天候 晴れ 公称玉数 ***発 最大号数 5号
RETURN