- 2017年 -
奥山神社祭典
- 宵祭・打上煙火 -

3寸早(3発) 銀乱・光露・時差光り・・色々出ます 5寸 昇曲付 彩色芯銀菊
スターマイン 7寸 昇曲付 変芯錦冠先光露

境内にて・・(神事中) 山車通過中
観覧雑記
『秋祭りの花火』浜松の陣・・(言ってみたかっただけです)。直虎の井伊谷
のちょっと上、引佐町の奥山地区にある『奥山神社』の奉納煙火へ。最大
玉が7寸まで+スターマイン一台・・他少々って事で、7寸が有るならばと。

現地に到着し、まずは筒の設置を確認。車でざっと周囲の様子を見て、
神社に行きながらロケハンなど。小高い場所の神社へ昇ると、境内では
神事の最中だった。神社が正面でしょうが、斜め打ちのスタンバイは無さ
そうなので、サイド側で足場が良さそうな場所もアリかな・・と散策は続く。

手筒が19:30からだというので、屋台を見物しながら観覧エリアへ移動。
・・・手筒が始まる気配が無い。そのうち境内のある山の方が『ぼーっと
明るくなり』そっちでしたか。消防のホースが階段横にあった理由が(笑)。
・・お店を畳むのも面倒だし、5分+登坂て事で潔く手筒は諦めましょう。

20:00打揚げスタート!冒頭の他少々は、3寸早打ちと5寸(止め玉)で・・
煙火連(?)の散+5寸、早+5寸OR7寸を氏子さんが奉納するスタイル。
最後に、神社提供のスターマイ+7寸となります。5寸は5発(冠3)、7寸は
2発(冠のみ)・・止め玉ですから冠率は高くなります。3寸玉はは合計で
100発くらいはありそうです。この間、手筒は合わせて行われていました。

のんびり早打ちを眺めていると、3寸といえど『一手間加えた』星が豊富
で・・満天星、菊星、錦星の先に、小波であったり、光露であったり、点滅、
光輝時差など、『錦先紅銀乱』みたいに色を含めると2化となります。色と
変化・・最小単位の星から、全ては始まるのだと改めて思うのでした。
DATA
観覧日 2017年 9月 23日(土) 場所 浜松市北区 引佐町奥山
時刻 20:00-20:40 主催者 奥山神社祭典委員会
天候 曇り 公称玉数 奉納煙火 最大号数 7号
RETURN