- 2017年 -
三ヶ日花火大会

開幕スターマイン
祝賀花火より(彩色千輪)
祝賀花火より(四重芯変化菊)
JAスターマインより(芯の色合いが素敵すぎ)
豪華絢爛花の大絵巻より(センター大玉の星に・・ハイ注目!)
豪華絢爛花の大絵巻より(三重芯insaide)
十号散打@尺玉の会より(6発の大音響☆)
十号散打@尺玉の会より(大玉千輪同時多発の醍醐味!)
湖上スターマイン(1組目)
湖上スターマイン最終玉(八重芯)と二尺玉(芯入大黄金状冠菊先バリ)

観覧雑記
湖上スターマインの速火線が湖上を走る!
15年振りの三ヶ日花火大会。まだ浜松市編入前の『三ヶ日町』だった頃に
行ったきり・・。この時は今より規模も大きく、夕方『昼の尺玉』も揚がったり
していました(県内では、大玉の昼玉は珍しく貴重)。
この間も観たかったのですが、日曜開催と8月の1桁日程に加え、諸々の
観覧条件が『厳しい』という・・何となく計画倒れになってしまうのです。

一旦リセットされたのと一緒なので、15時の現地入り。7月前半にロケハン
した場所へ直行し、まずは場所取りをして・・更に他所も・・・汗、汗が凄い。
小学生級の流れる様な汗が止まらない。こりゃダメだと車へ一旦退避。

30分後・・ココで良いとロケハンの地へ戻り、配置はどうだろうと今更確認。
水上は真横、設置の向きによっては斜め方向の打揚げは・・(思考停止)
再び汗の滝行(?)で、ミネラルを放出しきって撃沈のまま・・残り3時間強。

という事で・・花火スタート!(今回は見たまま観覧記)

開幕は『城主直虎も』が感動!ってタイトルの2台船、同時スターマイン。
のっけから全力!広い湖上に浮かぶ台船から打たれる花火は、後半に
向け大玉化してゆき、扇トラを放った後は千輪で上空を彩る。この時点で
西側台船は向き良好、東側台船は真横・・という配置が分かりました。

引続き『祝賀花火』・・全30本のうち尺玉が18本。4・5・6・7・8・尺と記載され
ていますが、下のサイズは同時打ちで尺玉と一緒に打たれるスタイル。
たしか前は『添花』とかいう名前だった様な・・最大四重芯の多重芯や、
千輪、星の色や変化に拘ったもの、同時打ちならば種類を揃え、一緒に
打つ事に意味を持たせていました。低めの雲と停滞気味の煙で若干視界
不良でしたが『名花饗宴』といった趣でしょうか。

この後4-5寸の早打ちとスターマイン、早打ちは台船でなく、中学校東側
(たぶん陸地)から出てきます(えっそっち・・って感じの位置です)。

3台目のスターマインから火力(笑)が変り、縦に横に猪鼻湖を彩れ!!
とばかりに湖面に映える『扇打ち』と、大玉まで突き抜ける『段打ち』を、
何と両方楽しめる上に、しっかり『創作性』も感じられるスケールの大きな
作品が登場。扇打ちでは『湖面の反射』が美しい色や光り具合で魅せ、
段打ちのタイミングは『気持ちの良いリズム』と、小玉から大玉へ上に
花火を開かせる『時限』そして全体的なフォルムも美しく・・上手すぎです。

早打ちでクールダウンし8寸散打を挟み、今度は多重芯迄入り段打ちも、
扇打ちもパワーアップした豪快なバージョンで、更に上を魅せてくれます。

尺玉の会ご提供・・尺玉20発『これ絶対良いから・・上手く撮ってみてね』
観覧場所で話した地元の方『イチオシ』らしいプログラム。1発ずつ普通に
打ったと思ったら、二尺用の台船(のみと思っていた)を含め、3箇所から
銀朴が出て来たり、二箇所から対打ち(同じ花火)、3箇所2本ずつ6本の
冠で大気をさす様な音響と、湖上を大きく覆う大冠で大玉の魅力を存分
に発揮させた後、総仕上げに『3箇所から昇小花』・・開発音にやや遅れ、
上空を埋め尽くさんばかりに『彩色の花』が一斉に開花。魅せますね☆

引続き早打ちでクールダウン後、創作系の最終スターマインが出ます。

湖上スターマイン・・101発の扇菊(ワンちゃん風に書いてみました)。本来
正面から見れば、小寸→大玉と扇のサイズが変化する過程で、左右の
花火がだんだん近付く仕様。開花ペースが早いので、この場所からだと
重なりがきつくて美しくは見えません(V字配置を横から見る感じなので)。
最後の1発は最大玉だったよな・・という記憶が急に蘇りつつ

二尺玉・・の前に湖上最大玉(八重芯)ドーンと、湖上に大きな扇を広げ、
ちょっと置いて二尺がズドンと打揚がり、上空で超大輪の冠花が開花し、
湖上を覆う枝垂れっぷり・・豪快なファイナルシーンでした。

久々の三ヶ日の湖上花火。大玉趣向であり、スケールの大きなスター
マインに、美しき水上花火・・堪能した事は言うまでもありません!
大玉特有のゆったり感と申しましょうか、そんな感覚で有りながら、魅せ
る花火で構成された演出や、良い花火の数々・・県下では『特有』かも。
DATA
観覧日 2017年 8月  3日(木) 場所 浜松市北区三ヶ日町 三ヶ日中学校付近
時刻 20:30-20:40 主催者 三ヶ日花火大会実行委員会
天候 晴れ 公称玉数 2500発 最大号数 20号
RETURN