- 2017年 -
寛師会花火大会
- 奉納煙火 -


観覧雑記
『あれ?富士宮市で花火見ていない・・』と、気付いたのが今年の夏前頃。
『富士宮に花火が揚がるイベントはあっても、夏の花火大会は無いらしい』
ですが・・秋に大石寺で花火大会が有る様です。そして・・
9月18日に毎年実施され、寛師会(かんしえ)という行事の花火の様です。
WEBの写真を見ると、グラウンドらしき所が祭り会場で、たくさんの夜店や
奉納相撲もある様です。花火の方は動画を見ると・・期待できない方の、
『特有な玉』がいきなり映っていますが、情報はコレだけ。

9月に入ってから、ドライブがてら散策へ。開催告知や、何か情報が得られ
ないか、花火がどこで揚がるかなど・・周回を重ね、完全に不審者状態に。
グラウンド周辺で、花火設置できそうな場所は1箇所。後は収穫無し!

本当にその場所で18日に開催されるのか・・天候は回復しましたが、問い
合わせ先も?で、総本山に聞くのも何か違う様な、結局『行くだけ行く』と
いう、暴挙に出る事に(今期は1箇所空振っているしなぁ・・怖い怖い)。

大石寺に近付くと『縦看板に18日・花火・混雑』の文字が読み取れ、予想
した場所には『立入り禁止』とトラックが数台≡良かった&筒場BINGO≡
グラウンド祭典会場からはイマイチだな・・と『筒の設置』を確認しながら、
周囲ロケハン。ふと、筒場の向こうに富士山が見えてしまった→それ上手
くいかないから→その辺りが見通し良いし、ワイドや(設置上ナナメも)無い
でしょうけど『正面』→少々難有りも『コラボ』の場所へ落ち着く。敷地内と
いえばそうなので、STAFFの方に確認したところ、快くOKを頂き感謝です。
陽が落ちると気温が急降下(フェーン現象で30℃超えだった)、長袖を1枚
着込む感じが・・秋花火って雰囲気ですね(基本寒がりなので)。

19時花火スタート(祭り会場では奉納相撲の最中・花火開始には触れず)
開幕一斉打ちの後、遅めの早打ちくらいのテンポで、時々数連打や同時
みたいなのもありますが、演出かランダムかは定かではありません。この
まま40分間ひたすら打つ感じです。最大玉は5寸くらいかな・・って感じ。

開始から数分間は9割が『スパンコールと冠』の2種。これを脱した後も、
同じ種類が多く、バリ椰子付きの先は銀クロセットと、曲導火とセット物
みたいなのも手伝って・・開く前からマタキタネー。冒頭の玉も出て来て、
色蜂がマッハ級で飛んだり、競技失格級のピカピカ枝垂れ、ドッカーン!
と大爆音と共に巨大な盆の星は消えぬまま・・もはや危険すら漂います。
このクダリはこのあたりで記載抑止しておきましょう。

40分後ピタッと打揚げが止まり謎の間。相撲会場の方から『花火がラスト』
という事なので、灯りを消して花火に注目しましょう!とMCが聞こえます。
ファイナルスターマインってヤツですが、真鶴とかで見たあの『ごちゃまぜ』
大連発系が目前で・・(単発で打っていたサムシングがインサイドって)。
一応上層に芯入り割物をあしらったり、1-2割それらしい景色(普通のね)
も出てきたり・・ファイナル大連発の終了をもって、花火大会も閉幕です。。
DATA
観覧日 2017年 9月 18日(月) 場所 富士宮市上条 大石寺付近
時刻 19:00-19:40 主催者 日蓮正宗(総本山大石寺)
天候 晴れ 公称玉数 ***発 最大号数 *号
RETURN