- 2017年 -
伊豆長岡 戦国花火大会

【観覧条件=煙による視界不良】
Stage1 Stage1
Stage2 Stage2
Stage2 Stage2
Stage3 Stage3

観覧雑記
今年もラッピング電車に丁度当たりました!
伊豆の国花火大会『3開催』・・大仁=雨(観覧抑止)、韮山=予定なし
という事で・・今年は伊豆長岡戦国花火大会にやってきました!

平日なので会社帰り、18時45分頃と遅めの入りとなりました。旧韮山町
側の観覧エリアでは『強めの向かい風』ですが、長岡側の方が保安線に
近い為、撮影云々よりも首や背筋に悪いので(笑)・・甘んじましょう。
今日は20時に風向が変る事も無く、雲が厚くなれば月が隠れるシステム
となっております。後はどれだけ煙が吐け、花火が流れるのかですね!

定刻を少し回って・・いよいよ花火スタート!

第一部・・・単発(4寸)で開幕(一応芯入り)し、2箇所→3箇打ちと開幕
スターマインが出て来て、そのまま早打ちへバトンタッチし、ピッチや打つ
場所の増減などを経て、小型煙火とか特効が出て来てズババババ!
何と申しますか・・流れが迷走しちゃって、ココらしくない感じがしますね。
元々旧伊豆長岡町開催分は『絶え間なく打揚げる』をコアにしている
らしいので、アタミ打ち風にボコボコと・・だったのを、旧韮山開催に寄せ
ガチャガチャし過ぎず、ボコボコも上手い具合に取り込み、最大玉を
ちょっと良い花火にしてみたりして、バランスが良くなっていた記憶が・・。

ちょいと打揚がる『花火玉』も含め、雑味が多かったんだと思います。
殆どを占めるボコボコのうち、1/3でも色を揃えるとか、種類を合わす
とか、何らかの脈絡を持って揚げてくれれば、がらっと印象が変るはず。
途中で出て来る演出的な要素で、お客さんも湧いているのに・・バランス
が取れていないので、何かしっくり来ない感が残ってしまうんです。。。

第二部・・デジタル(戦国っぽいから紅基調?)は、最後の終わったか
終わんないのか?を除き、自慢の光輝を生かし、ふわーっとした流れ
で、出て来る流し打ちの『特効』とか、なかなか見栄えが良かったです。
『速さ』や『密度』追求より、逆に今は斬新なんじゃないかと思います。

第三部・・4寸玉が頑張らない他は、すっきりと調子良く花火を打ちながら、
色々な味付けが出て来る感じ。そうそう、こういうの・・見やすいし、流れ
も良いので気分もだんだん上がって来るのです。もう花火玉の内容が
洗練されれば『美しい』要素もでるかもしれません。そして、後半は名瀑
『イケニシキ』に繋がり、ピッチが上がって最高潮!っていうオーラスで
出した特攻がグダグダ感があって・・余計なのいらなから、太目のVトラ
3連でいいじゃん!って、そいうい事いっちゃダメでしょうか?

ちょっと『停滞ムード』を感たのは・・風向きのせいでしょうか?
DATA
観覧日 2017年 8月  4日(金) 場所 静岡県伊豆の国市 千歳橋下流
時刻 20:15-20:45 主催者 伊豆の国市観光協会
天候 曇り 公称玉数 ****発 最大号数 4号
RETURN