- 2016年 -
竜洋海洋フェスタ

- 大玉は向風で流されぎみ ー
複合打揚げ花火より
左右の色花を中央では染分花にして演出
複合打揚げ花火より
左右に蝶が舞い中央にマーガレットの演出
乱玉・スターマインより
中華箱『雷』の終わりに『色扇+霞草一斉』
スターマインより
創作スターマイン・蝶のV打ちと花
尺玉10連発より
萬華鏡芯 冠先彩色光露
尺玉10連発より
八重芯ステンド牡丹
大スターマインより
ステンド牡丹一斉
大スターマインより
大とりの錦冠段打ち

観覧雑記
南〜南東の風がビュービュー吹いていて、観覧地帯では安定の風下。
20時頃の予報では『静穏〜北)』となっておりますが・・さていかに。
花火のプログラムを見ると、ここ数年と変らない記載でした。筒場の方も
5ブロックに分かれていて、銀色に輝くあの筒が出番を待っています。

カウントダウンの後、開幕の昇小花付の7寸玉が開花・・こういう開幕好き
です!小花の段咲きが更に良い味を出していると思います。この後は、
複合打揚げ花火C(最大3箇所を使い、都度演出された早打ち)
スターマインA 乱玉・スターマイン(小型煙火ワイドと、止めに演出付き
の一斉打ち)A・・この3パターンで進めてゆき、尺玉10連発、そして
大スターマイン(ファイナルワイドですが控えめな記載です)の全11編成。

早打ち=間打ちになっていないのがポイントで、各場所同じ玉で打つ、
種類は同じでも色違い、これにとどまらず・・左右3寸センター4寸みたい
に、センターだけサイズアップさせて、同じ種類とそのグレードアップ版
を出したり、それを魅せる為に打揚げ時間も間隔調整済み(被せない)。
極めは左右蝶に中央マーマーガレットの後に、左右コスモスに中央が蝶
とかエレガント☆。このパートが『楽しめる』って所が、とっても良いです。

乱玉 スターマインは、小型煙火をワイドで2-3種打った後に、ワイド特効
付きの小玉一斉が出てきます。筒場がワイドなので『賑やかし』的な存在。
1回目は小型〜って、馬鹿にしていると、特効がズバッと来て驚く感じです。

尺玉はゆったりと鑑賞できるペースで打たれ(ここポイント)、多重芯2本
(八重芯ステンド牡丹出ました☆)小割系2本、創作系1本、芯入割物5本
といったラインナップ。芯物は良玉なんですが、普通の芯入が多いので
創作系も入れて欲しいとか、9玉銀朴っていうのが、昇曲導好きには残念。

ファイナルスターマインは音楽付で(聞こえず)、1箇所から『昇曲道』の付
いた玉を1発ずつ(型物や創作系)出し、続いて
型物をゆったり(曲と何か
関連がある感じなのかな)、3連Vトラを合図に徐々にペースアップしてゆき、
色や点滅の花々が咲き、自慢の逸品『小花入りトラの尾』も斜め打ちで
出てきて、最後は5箇所フルセットへ成長します。ここまで、3パート程度
ありますが、その最後は一旦締める感じで花火を出し、間を持っています。
この3パート目なんかは、雷が巻かれて『エンディング』っぽくしておいて・・
(いや釣られませんよ)怪しい間の後、カラフルな扇の星打ちに先導され、
ここでステンド牡丹を大小組み合わせ、段打ち一斉打で『彩色空間』を
夜空に描き、その勢いでVトラ付きで、尺玉まで入った大きな『錦冠』の
滝を今度は描き、下から段々盛り上がって天頂まで続く連続開花の時限
が、今回は特に気持ちが良かった事を付け加えて、今回はこのあたりで。

シャトルバスは相変わらずの状態。行列の状態から、時間が掛かる学習
をした人たちが、花火の途中で並んでいる状態と推測。大型バスも2台
入っていましたが・・。1時間待ちかな?徒歩のが時間的には早そうです。
DATA
観覧日 2016年 7月 30日(土) 場所 静岡県磐田市j駒場 竜洋海洋公園
時刻 20:00〜20:30 主催者 竜洋海洋フェスタ実行委員会
天候 晴れ 公称玉数 500発 最大号数 10号
備考
RETURN