- 2016年 -
大川夏祭り-花火大会-

【観覧条件=降雨】
昇小花付の4寸玉 (橋上より電線ギリ) 昇小花付の5寸玉(祭会場の電線を抜いて・・)
8寸 昇り分花 雄芯大冠菊先割 7寸 丁字菊先紅星変化
ファイナルスターマインより ファイナルスターマイより

観覧雑記
13日どこかないかな?と、WEB検索をしていたら、この花火大会が『開催』
される・・という告知を見つけました。10年位前でしょうか、『中日WEB』に
写真入りで記載されてたヤツじゃないですか!・・・これは、何かの縁か。

オクシズの安倍川流域、藁科川流域、上流域を中心に花火大会の開催
は有るのですが、ほぼ手付かずの状況です。道路が狭い(イメージ)とか、
かなり山奥(特に梅ケ島や井川)とか。状況も詳しくわからないので、行け
そう・・という、判断材料が少ないとなぁ・・別の理由も有るんですけどね。
20:00から80発・坂ノ上地区とか書いてありますが、何処も無いので、
この情報だけで、藁科川を遡上して突撃してみましょう!

最初の頃はこんな風な事も多かったよな・・祭りの場所も、打揚げ場所も
わからないので、全て現地調達となります。地区内に入って、民家が見え
だすと、打揚げ場所が視界に広がります。80発の4倍はありそうな感じ。
そのまま進むと、公民館付近に祭り会場もありました。係りの方にお聞き
したところ、20時から45分間くらい(花火の前にイベントは無いから、遅延
やフライングは例年ない)で、スターマイン4台、早打ち他・・という事です。

雨がパラパラしていますが、気にせず川に設置された『大松明』を見て、
主会場上空が、念入りな電線祭り状態なので、残り90分を使い、とにかく
歩き回る事になりますが・・花火だけ見れそうな場所も電線まつりとか、
細い農道で三脚は無理とか、動物よけのビリビリが雨でバチバチで無理
とか・・失意の中、19時の信号花火が揚がります。ん?これ3寸か??
低い(遠い)なぁ・・勝手に5寸くらいだと思いこんでいたけど、保安ゲート
あたりからだと7寸程度打てそうな感じ。コレを収穫として再び主会場へ。

花火待ちのお客さんが退避する位、強い雨が降ってきて・・『雨が降って
きたので早めに花火を開始します、1番〇〇〇』ズドーンって、お〜い!
30分フライングの上、突然開幕のクイック攻撃じゃないですか。場所決め
ていない・・けど人が散ったし、番付ごと読上げだし、移動しながら立って
撮影できるという状況を得ました。が・・雨が酷すぎて、びしょ濡れに。。

さて落ち着いた所で『傘を今更さして』っと、花火の状況ですが・・

最大玉は何と8寸(良いですね☆)以下、7・6・5・4寸の単発と、4寸早打
15発が3組に、スターマインが4台(ファイナルは小型・扇付きの特大☆)。
75番くらいまで番付があって、概算で単発が68、早打が45、後は大小
スターマイン(小20筒重ね玉、特大が80筒重ね玉)280・・概算393発と、
数的にはこんな予想。番号、提供者名、玉名を読み打つスタイルです。

4寸から『小花』の曲導が付き、小花あり、分砲、分火、朴・・曲導好きの
私には、結構これが高ポイント。色々なサイズの玉で、まぁあぁの種類
がでますからね。4寸で付いて、8寸未装着・・みたいな事も起きますがね。
玉の方は、びっくりする様な(失礼)盆の花火が出たり、残念なのも出た
り、青と紅に緑の発色を生かした彩色の小割は綺麗なんですが、柳っ
ぽい咲き方だったり、でも5寸の千輪は、そのお陰か『小さい』のが数出て
いい感じだったり、スターマインは相変わらず、何だかよく分からない
上げ方をするけど、ファイナルだけは見せ場を繋げてゆく感じだったり。
普通の感じになりつつある・・のかなって(こりゃまた失礼)

山間にこだまする8寸の大音響が、とっても気持ち良かったです。
雨に助けられつつ、雨に泣く状況ではありましたが・・・
DATA
観覧日 2016年 8月 13日(土) 場所 静岡市葵区坂ノ上 公民館付近
時刻 20:00〜20:45(予定) 主催者 大川夏祭り実行委員会
天候 公称玉数 ***発 最大号数 10号
備考
RETURN