- 2016年 -
Facilities Summer festival
- in Shimada -


観覧雑記
8月14日・・県内の固定開催は花火横丁調べでは【残1】。8月の第2日曜
開催は無さそう。オクシズ物件もある様ですが、今回は調査不足でリスト
入りできておらず(天気予報も悪いし)パス。残1も地元なのですが、開催
時間が分からず、地区の納涼祭の為、実施状況も分からず・・断念。

『小型と特効のみ』だけど、面白いから予定がなければ、どうでしょう?
という物件が登場し、夕涼みと撮影の修行がてら、大井川上流方面へ。

お邪魔の二乗で、セッティングを見させて頂き、星やトラ打ち、特効部品、
その他の多くは中華箱物と分かります。最近は箱も『お高くなった』と、
いう話を良く聞きますので、2寸なら余裕の保安って感じだし、それの方が
見栄えが格段に良いと思うのですが・・高く揚がると首が痛い的な(笑)

風向き及び客席混雑につき、よそ者は会場を見下ろす場所へ退避行動。
涼風が気持ち良いですが、真っ暗闇で独り待っていると、若干怖いかも。
オカルトと虫の両方に耐えながら・・どうやら定刻の様です。

音楽が付いている様ですが、何か歌声っぽいのが聞こえる程度。点滅
フライヤーに先導され、4連の星打ちが景気良く発射され、本編スタート。
箱物系を中心に、それに特効が絡む感じ。小型の出現終わりか、標準
的な現象時間の推定終了付近に、特効が出る事も多いので、そのタイ
ミングの修行になったり、小型と本編(今回は出ないけど花火玉)が絡む
事も多いので、重ねの限界とか感覚的なDataインプットにも役立つかも。
気楽な観覧でありますが、逆に撮影に集中する事が出来るので、楽しみ
つつ修行になる・・有る意味夏休みの友的な観覧でした(なんのこっちゃ)。

焼津でデカイ花火があるのに、こんな所にわざわざ見に来たのか・・と、
散歩のおっちゃんにダメだしされ、まぁそうなんですけどねって、複雑な
気分になりつつ、花火横丁の活動と迷走は細々継続されるのであります。
DATA
観覧日 2016年  8月14日(日) 場所 静岡県島田市
時刻 イベント進行による
天候 晴れ 公称玉数 ** 最大号数 **
備考
RETURN