- 2016年 -
笛吹市桃源郷春まつり
− 桃源郷の日・記念花火打ち上げ −

八代ふるさと公園会場打揚げ分

『桃源郷』という事で桃の花
観覧雑記
市役所前の花火はこんな感じです(一応撮影)
桃源郷で『桃花や桜花』が満開で、とっても綺麗だから記念に花火を揚げ
ましょう!と、いう趣旨かはさておき、笛吹市で咲く貴重な大輪の花見へ。
御坂みちを下ると、菜花+桜花+桃花のトリプルコラボや、チューリップと
コラボなんていう、果樹園自前の(たぶん)演出も美しく彩られていました。

一昨年は4箇所→昨年3案箇→今年は2箇所から花火が揚がるそうで、
20時から約15分間、『笛吹市役所前と八代ふるさと公園』とのみ記載が。
市役所前は同じみの場所(3寸Under)と、公園で巷で噂の尺玉となります
が、その距離ざっと5Kmとかなり離れています。
桃の花を前景に、夜景を背景に・・というのは早々に諦め、夜景と別会場

も見渡せる場所で、冷え込みきびしく(10℃くらい)着込んでスタンバイ!
20時・・両会場ほぼ同時にスタート。市役所前は、目視だと辛い大きさで、
小型煙火っぽいのが出ていました。一方公園の方では、4寸か5寸か?
といったサイズで、単玉をゆったり打ちます。盆が良く、星の変化にキレ
があります。八方咲き、輪星、染め分けのサムシングに、変色や変化を
楽しめる星で、小さいサイズながら鑑賞できるラインナップ。サイズアップ
すると、芯も入って、霞草で見せる八重芯とも登場します。尺玉になると、
ゆったりと開きながら、同じタイミングで気持ち良くスパッと変化させ、芯星
と親星の競演も見ものです。また、曲導に昇小花が付いた花火もあって、
綺麗な段咲き・・こういうのが嬉しいのですよね。4連打がきて千輪を咲か
せ、最後にはウデ自慢の多重芯、八重芯冠が素敵なお姿を魅せます。

筒がだんだん手前・・ってワケではないのでしょうが、だんだん高く揚がり、
レンズの画角が厳しくなりつつ、花火が開いた後の余韻で対策もなぜか
せず、名シーンは見切れる不手際も発生しつつ・・今日はまぁいいか。
笛吹産の中・大玉が、これだけの数見られる機会もそうありませんからね。
DATA
観覧日 2016年 4月 10日(日) 場所 山梨県笛吹市 八代ふるさと公園周辺
時刻 20:00〜20:15 主催者 笛吹市
天候 晴れ 公称玉数 ****発 最大号数 10号
備考
RETURN