- 2015年 -
Wedding surprise fireworks
From March14 to May16

5回目・5月4日(南西の風・霧雨)
やや引いて景色を重視し横位置で・・ニーハン玉も霞む上空に泣く
7回目・5月16日(西の風・曇り)
広角横位置、目一杯狙い・・5回目の辺りで良かったという結論

1回目・3月14日(東の風・曇り)
 記念すべき1枚目・・目測違いで見切れる
3回目・4月11日(北西の風・雨)
『びゅうお』コラボを探る・・蝶が舞うも風向き無視で撃沈
4回目・4月29日(東の風・晴れ)
正面から撮影・・扇打ち感がイマイチ出ず
6回目・5月9日(南西の風・俄雨)
雨を避けて風上へ・・19時前で空が明るい

観覧雑記
春の『ウエディング・サプライズ花火』見物&撮影シリーズ(全7回)。
強風/波浪の警戒される海岸でしたが、それよりも『雨』に泣かされます。
また、風向きも『ほぼ同様』な事が多く、撮影方向の自由度は今一歩。
撮影不能となった2回目が、最高の状態であった事が悔やまれます。

初回に『扇打ち風』のファイナルと分ったものの、正面からでは『引き』が
取れず、少し横に外れても『扇』と認識出来ない浅い角度・・んー難儀。
花火はUnder30秒、概ねスローペースで色満天を打ち、ややつめながら、
終盤の花火に仕込みがある日もあって、蝶や点滅、キラ系に彩色など・・
そんな玉が出ても『くしゃっと』重なりがち。延時の気まぐれで、上手い
タイミングで出て、ファイナル一斉と絶妙な間を魅せる回もあったり。
そのファイナルは、扇打ち(2.5寸?)+センタ-一斉(2寸?)の錦冠。
ザラ星も錦だし、センターの厚みと相まって、扇がスッキリ見えません。
てか・・扇って分るのかな。自分が揚げて貰うなら(笑)、一斉の分を他
の玉でバラして打ち、一斉の扇は朴付ザラなしで、扇感を強調にて☆

ご結婚された皆様、心よりご祝福を申し上げます。
RETURN