- 2015年 -
大胡田区 吉田神社・伊那神社大祭
- 祭典花火大会 -

開幕スターマイン 5寸早打ち
デジタルスターマインより デジタルスタ-マインより
4寸早打ち+小型ワイド ファイナルスターマイン

観覧雑記
『20年に1回の花火大会』・・新生児が成人を迎える年月ですよ!次回は
2035年の秋に開催となります、皆さんそれまでお元気で☆

吉田神社、伊那神社、(天神社)の祭典が重なるのが20年に1回・・という
お話しで(特設会場には天神社の表記が無かったのでカッコ表記)、その
時に、花火大会が開催されるそうです。会場の裏手に展開される筒場を
確認すると、3ブロックと筒群と、その間にも小さい島が2箇所あります。
地図上では130mくらい有りそうですが、観覧場所は『笑うしかない』状況。

主会場側からだと・・適正位置、BGMあれば聞こえる、風向も有利ですが、
月が煌々(だろう)、電線直上、大迫力で視界を越える(笑)・・問題多め。
裏側からだと・・観覧距離は自在、MCも何とか聞こえそうですが、風向
が不利、電柱ワイド、LED街灯・・定時雷の煙が横風なのを見て、上空は
良好だろう!という事で、砂被り+50mという所でスタンバイ。花火開始
の時間は、±するのが余興花火・・気温12.5℃に冷たい北風に耐えつつ、
30分前からスタンバイ。県東部の山間部は、秋も防寒は必須です(笑)。

カウントZEROにコンマ数秒フライング(細かいって)で、開幕スターマイン
が3箇所から打たれます。3ブロック3色で見易く、最後は扇で締めて景気
良く。その後は3箇所から早打ち(3寸?)これを中心に、4寸、5寸の早
打ちと、スターマイン等がセンターから、それに小型が2-4箇所から絡む
感じで順次進行します。欽ドン(古いか)風に、良い玉、悪い玉、普通の玉
と、それぞれ開花(普通以下が〇〇ピーッ)。5寸は『特』は無いものの、
『良』と言いたい級〜『並』のラインナップで、多種の曲(尾引きですが)も
好印象。3寸の3箇所は、玉やザラ星を揃える気は・・なさそうで、どうせ
『3箇所に同じ玉が仕込まれている』なら、合わせれば美しいシーンも出た
だろうに・・時限もグダグダだし、大らかをちょっと超えている感じでした。
が、色や種類、らしさが戻ってきている感じはするので・・ガンバレ!

ワイド系に目を向けますと、デジタルスターマインは『曲付』で、曲は良く
聞こえませんが、ルーティンと分かるまでは、点火の刻み方や、上空の
組合せ、星打ちの種類と出し方・・見易く、分り易く感じ良く。繰り返しの
パターンには切ない気分でしたが、タメ(曲に合わせていたのかな?)を
作った後、高速点火で玉の乱打(ごっちゃごちゃ感あり)→星打ち→締め
の、流れはいい感じのラストシーンでした。

20分強で『イケニシキ』がワイドで展開され、終焉を告げます。オーラスは、
小型オウギニシキを撒きつつ、扇の星打ちで老舗のパステルを盛り終了。
秋の特別開催・・とまではいきませんが、20年に1度の花火にありがとう。
DATA
観覧日 2015年 10月25日(日)
時刻 20:00〜20:30
天候 晴れ
場所 静岡県駿東郡小山町 大胡田区内
主催者 祭典委員会
公称玉数 未発表
最大号数 5号
RETURN