- 2015年 -
大洗春まつり 海楽フェスタ
− 第3部・花火大会 −

四重芯変化菊 五重芯変化菊
紅八方咲 時間差変色八方咲
青緑変化牡丹 光りの波紋
錦冠チョウ 夜空の百花園

あんこう花火・・その1
(消え際近くまで待つと・・目が消えると学習)
あんこう花火・・その2
(目の消え際から撮ると・・なんだかなかな〜次が来ちゃうし)

観覧雑記
高感度遠望で見る筒場
大洗の『アニメイベント』で、野村花火工業さんの『尺玉』が、そりゃーもー
凄かったって・・え゛っ?、あの那珂川の忘年を思い出す様な・・まぢ??
〜という事で1年が経過し、今年も開催という『ありがたい』主催者様の
お知らせを見るなり、黒潮に乗って太平洋を北上!(カツオじゃないって)

細かい話しは無しとして、数少ない『観覧仲間』の多大なるご協力の元、
大洗の海岸でスタンバイ。さて、このイベント・・ガールズ・アンド・パンツァ
という、自分にとって謎のアニメのフェスタ。これが無かったら、花火が
揚がらないわけですから・・。最初に耳にした時、パンツ(ツアー)?的な
疑問符状態に、ガルパンの文字だったので、お約束的な誤解をしつつ、
関東圏ではTVでも放映もされており、パンツは見えもしませんよ・・と。
(いや期待はしていません)大洗を舞台とした、女子高生が主役のアニメ。
その学園で、戦車道なる武道があって、主人公のチームが『あんこう』で
あり、そのキャラクターを花火で・・って所から、花火打揚げとなった模様。
『あんこう』は、大洗の名物だし、『大洗の花火』といえばノムさんですし、
ふむふむ、色々納得しました。〜このお話しはこのへんで〜

さて、花火大会の方は≡☆≡凄いですよ。単発は5寸OR尺玉のみ。その
尺玉は、何と26発も出品されます。ラインナップも、野村さん担当だけに、
超多重芯や、八方系、ピカピカ変色の凄い星を仕込んだ作品など、豪華
な展開がプログラムから読み取れます。んー(にやにや)・・主会場の方
では『ガルパンやアニソン』で盛り上がっていますが、花火の玉名で同じく。
打ち揚がった花火では、あんこう⇔多重芯・ピカピカ変色と、盛り上がりの
違いが予想されます。それで、実際の花火は『どう』だったのか??

年イチくらいでは、野村さんの名花を前に、お口あんぐり・・なワケで。
多重芯は1発目の四重芯が良かったなぁ・・八重芯より四重芯の勝ち!
という不思議(謎)に、以前見た時よりも、五重芯だという主張が弱いの
は、妖怪のせいとして(最内芯の維持時間が?)。この多重芯にノムさん
の、新たな技を組み合わせ・・青先桃ピカ星を親と芯の全ての星に使い、
そのピカッで階層をより鮮明にした驚きの四重芯を出して魅せ、その締め
に親星もピカッとした後、更に続きがあるのです!再び光輝を放ちながら
それを流して消してゆき締める・・玉名:光りの波紋、とっても素敵でした。

野村さんちの必殺仕事人が腕をならず、このピカ&変色関連の凄い星。
美しいフォルムの八方咲きに、この星をあしらってみたり(美しさの融合)、
色々な使い方と変化の種類で、芯が無くても魅せまくります。この派生に
『極み』といいましょうか、玉名:青緑変化牡丹という、超変化星が登場!
細かく早く・・『何度変わったか』動体視力が試される逸品。何回か?を
超え、おいおい!何だ何だ!・・と、初見の驚きは相当なものなんです。

と・・観覧記も伝わりませんので、ちょこっと戯言でも。5寸は、良い出品
もある中で、なんだかグダグダ感がする打揚げ方で、勿体無い気が。
スターマインも、見た事の無いテンポ(リズム)で出て来て、すっきり魅せる
野村さんらしさが無い様な気がしないでも。ファイナルも爆圧を体感できる
豪快な打ちっぷりでしたが、やっぱり締まりが無いかな・・(と思われる)。

最後に『あんこう』。ちょうちんアンコウなんだなぁ・・と伝わる完成度です。
(後にアニメのマークをネットで見て、うんうん!コレなんだと再び納得☆)
目が消えた後、ちょうちんの柄が伸びきって、ピカピカして終了。銀朴が
前の現象に被るくらいで、ちょこっとペースが速くてコレも勿体無いかな。
コレを写真で獲(撮)ろうとすると、アンコウだけに簡単にはつれません。

とまぁ・・長々書きましたが、花火の基本『出来の良い星』。これなくして、
良い型の花火は出来ないし、良い花火が無ければ、コンピューターで
上手く仕込んだって見栄えはしません。更に新しいものを創造し、それを
実現する技術力と研究心、全てにおいて高い次元を感じた夜でした。
DATA
観覧日 2015年 3月 15日(日)
時刻 19:30〜20:00
天候 晴れ
場所 茨城県東茨城郡大洗町 大洗マリンタワー周辺
主催者 大洗町商工会 会場地図
公称玉数 ***発
最大号数 10号
RETURN