- 2015年 -
野辺山高原 アイスキャンドル・フェスティバル
− 20th Anniversary −


観覧雑記
8年ぶりのアイスキャンドル・フェスティバル、昨年は大雪に当たり挫折・・。
(前回行った時は『12thスノーフェスティバル』で、翌年から改称された)
今回は圏央道と東名が繋がったので、開通に(?)信越方面を予定して
いましたが、寒波襲来で前日から既に大雪・・そして20回目の野辺山へ。

夕暮れの野辺山高原は既に『-3℃』。足元は凍結部分もあり要注意です。
久々に再開した花火師さんと歓談しつつ、セッティングの状況をお伺い
し、アイスキャンドルやイベントを楽しみます。あたりが暗くなると、風が
強まり・・19時を過ぎた頃には、風速6m/sec気温-5℃。時折突風も吹き、
軽量な三脚が浮く風(15m/sec超え?)に凍えつつ、雪上にて開幕待機。
警備の方と雑談をしていると、昨日だったらこの時間でも『-10℃』くらい
まで冷えていたから、痛いくらいの寒さが体験できたそうで・・残念(?)

定刻・・アナウンスが入りBGMが流れる中、ウエルカムワイドで開幕です。
以後、早打ち、連発、中華箱物を打ち、寒いので思考も回らず、記憶も
定かではないので・・細かい話はございません。5分後くらいでしょうか、
錦冠がドカドカっと出てきて、終演にしては最初にワイドを出したので、
最後がこれのわけなさそうな感じだし、中締めなのかな・・という思いが、
何も出ない数分のインターバルで、揺らぎつつもBGMは流れているし。。
・・・突然ズバッと錦冠のワイドが来て、V型60度ワイドが続きます。が、
今度こそ『おしまい』です。終了の3段雷がそう告げているんだから・・。
個人的な推測ですが、分断前の錦冠が上層、後に出たのがその下層
で、本体の消え際とかのタイミングでV型ワイド、そう見立てると収まりが
良いと思うのは気のせいでしょうか。3段締め風としても、間がなければ
なかなか良いシーンになったのになぁ・・とか、言ったらダメですか?
DATA
観覧日 2015年 2月 14日(土)
時刻 20:00〜20:10
天候 晴れ
場所 長野県南牧村・野辺山 ベジタボールウィズ
主催者 南牧村商工会 会場地図
公称玉数 ***発
最大号数 4号
RETURN