- 2015年 -
黒船祭 海上花火大会

* 観覧条件(注):低層雲/霧雨による視界不良 *
天空のイルミネーション(五寸芸協玉) 幻想イルミネーション(五寸芸協玉)
海上扇菊+みさご島スターマイン みさご島7寸/スタ-マイン+台船スターマイン
会場各所より Finalスターマイン饗宴(イケニシキの勝ち)
観覧雑記
75回は『キリ番大会』だった様で、通常回(74回)も含めて今回(76回)は・・
芸協玉:5寸玉5発X5組←尺玉1発X8組(74は5寸・・但し1組減)
二尺玉:尺五寸←二尺(74は尺五寸で同様)〜この玉は興味ないけど〜
尺玉:10発←19発(うち8発は芸協玉で74は11発
7寸玉:21発←23発(74回は23発)
スターマインと通常打ち玉も74回と比較しても減少しおり、寂しい気分・・

更に・・雨予報を回避したのに、開始30分前に確認用のカラ撮りをすると、
どうみても南西方向には『5寸も怪しい低層の雲』に、時折雨滴が舞い。
公式ページに『雨天でも楽しめる』とか記載するから・・もう自虐ネタです。

開幕スターマインが打たれると、低層の雲はかなり低めという状況と共に、
霧雨状態に突入します。台船5寸が1/2グラーデーション、至近のみさご島
7寸は『ほぼ光芒』と化し、もちろん犬走島の尺玉は『曲導』鑑賞状態です。

幸いなのか・・芸協玉が5寸で良かった結果論と、風向きを考慮せず毎度
お馴染み『みさご島』近くに居た為、後半は霞みつつ7寸も楽しめました。
海上スターマインは、風上からの煙の被りか方や、風力、ヤツの状態等、
運的要素もありますが、見えない事は無いでしょう・・と、安心はしていま
したが・・・低めでの集中と開花の上に『八重芯2発insaide』後、キラピカと
いう状態で、やんちゃブリはイマイチ、今年は爆圧も体感できず消化不良。
ヤツは『力強く』色々な内容物を『美しく撒き散らす』・・アナログ的な要素
が楽しい『爆破系アート』ここ数年、ちょっと守りに入っている気がします。

そしてまた来年へ・・・黒船祭の観覧状況は『良好』とはならないものです。

下田名物「海上スタ−マイン」 Shimoda specialty Yatsu 2015Version
ヤツ(2015)が現れた ヤツは海上に佇んでいる
  ヤツA        ヤツB            ヤツC            ヤツD

ヤツの攻撃
痛恨の一撃!ヤツは力を合わせ雨乞いの呪文を唱えた
〜辺りは霧雨につつまれ視界が悪くなった〜

花火横丁の攻撃
ミス・・花火横丁は天を仰いだ!

ヤツの攻撃
ヤツは力を合わせ、スターマインの煙を呼んだ

〜ヤツは煙で見えにくくなった〜


花火横丁の攻撃
〜花火横丁は視界不良に気を揉んでいる〜

ヤツの攻撃
ヤツA〜Dは炎を纏った。

〜煙の効果が消え始めている〜


花火横丁の攻撃
角型NDフィルターを振りかざし、あえて絞りを開きぎみにした。
〜アドレナリンの出すぎで、何秒経ったか分らなくなってしまった〜

ヤツの攻撃
〜ヤツは光りを放ち微笑んでいる〜


花火横丁の攻撃
シャッターで斬った
〜ヤツは余裕で時限を弄んでいる〜

ヤツの攻撃
ヤツBが吼えた、ヤツCが吼えた、ヤツDが吼えた
〜辺りに激しい閃光が走った〜
〜ヤツAは光りを放ち微笑んでいる〜


花火横丁の攻撃
NDフィルターをかざした
〜閃光に耐えたが、その煙で後の露出は限界だ〜

ヤツの連続攻撃
ヤツAが吼えた
〜ヤツAはしれっと光らず追従した〜
ヤツA〜Dは様々な花火を散らかした
〜高さが出ず、光輝を放つザラ星の上部に呑み込まれ、激しい光芒で襲ってきた〜
 
花火横丁の攻撃
見切りでNDフィルターを外した
〜後続の花火が同じ様な場所で次々開き失敗した〜

ヤツの連続攻撃
八重芯を2発光芒の上に出し、消え際に霞みを放った

〜八重芯に魅せられ、動けなくなった〜
痛恨の一撃全ての消え際に、明るい柳と激しい点滅を撒き散らした
〜しまった!シャッターが閉じられない!!〜

花火横丁の攻撃
〜戦闘不能〜

ヤツの攻撃
〜ヤツは何事も無かった様に、深い闇に消えていった〜

花火横丁は全滅した・・

DATA
観覧日 2015年 5月 15日(金)
時刻 20:15〜20:40
天候 霧雨
場所 静岡県下田市 下田港
主催者 下田市観光協会 会場地図
公称玉数 ****発
最大号数 15号
RETURN