- 2015年 -
遠州はまきた飛竜まつり
-飛竜火まつり-

飛竜ナイヤガラと地割れ花火
序盤の花火より 飛竜点火合図の八重芯変化菊
三種饗宴 浜北ワイドと三重芯変化菊
ファイナルへの転換は『雅な銀』でした ファイナル錦冠(銀側で勝負したので下なし・・)

裏飛竜探索隊- Tenryu River riverbed petit jungle attack 2015 -
ポイント発見
怪しい野草の変化を確認
(背丈位の草を分けて進入開始)
アタック開始
そこには小さな空間が・・
(入り口付近は険しいブッシュ)
アタック中盤
距離10mのプチジャングル
(100X50cm程度の空間あり)
河川敷に到着
木の葉のオーバーハング有り
(推定距離≒600m・・やや遠い)
観覧雑記
手筒ワイドと出番待ちの飛竜さん
うーんやっぱり『裏飛竜』だよなぁ・・と、思うも南西〜西の風2mの予報で、
裏側はほぼ風下域に入りますが、今回はキメ打ちということで。

状況の悪そうな『上流側』から様子を見ようと、河川敷に到着すると、景色
が一変・・プチジャングルが伐採され、飛竜さんが見えています。広大な
敷地の為、河川敷までは出られませんが・・風向きとしてバツだろうし、
やや残った木立が中途半端に邪魔なので、一旦下流側へ移動します。
12-13年のアタックポイントは近づく事が出来ず、08年のポイントへ移動。
付近を捜索していると・・(以降別欄へ)。

120分待ちの後、手筒スタート。注目は『風向き』でありますが・・真っ直ぐ
上がり、東へ、西へ・・ん?予報と逆の北東の風になってきましたよ!!
風向き好転に浮かれていて、この時は昨年同様の打揚位置『だろう』と、
その想定で筒場も確認できず、だろうスタンバイをしていたのだった・・。

手筒が終わりの雰囲気(笑)になって、開幕の大玉が左から・・って左側
かよ!『八重雌雄芯変化菊』が、木の葉に被って炸裂です。そっち〜!
とりあえず、花火を眺めつつ三脚を担いで傾斜地を至急南へ。木の葉の
切れ目を探しつつ、このあたりで大丈夫『だろう』と再び。ゆったり目の
前半・・時折キメでワイドっぽくなりますが、流し打ちや斜め系も殆ど無く、
1箇所打ち多めで、創作&型物タイムが目を引くに留まり・・失礼ながら
時間稼ぎ系の香りがします・・これなら昔なつかし『ハ・マ・キ・タ』の文字
打ちなんかで時間を消費して、流し打ち後Vトラ・・系の、まぁまぁワイド
はお待ちになって・・後一斉的な、面白打ちも挟んで欲しいと感じました。

一方大玉(最大尺玉)は、多重芯が4発混ざり、豪華な振る舞いで、その
大玉を場面転換に使っており、他と被せず効果的で鑑賞もしやすく良好。
飛竜さんは例年どおり、地割れは主会場で(この位置では後半しか・・)。

そして真打『浜北ワイド劇場』が、三重芯の合図で開幕するも・・結果90秒
の短期決戦で、前半はパワー不足。らしくない普通な感じで、飛び道具も
飛ばず淡々と打ち(遠いので余計にそう感じます)、早々にステンド牡丹が
キタと思ったら、銀の一斉(おっ、これはファイナルへの誘い・・転換だ!)、
一旦決めた銀世界を、見事に『気持ち良いタイミング』で、錦に塗り替え
終演。んー・・中締めの一撃と以降の花火が無く、急にスパッとラストに
しちゃった風でしょうか。ここは自由さが売りの『特別公演』その『らしさ』
が影を潜め、それでも良い花火大会だけど・・今回は消化不良かなぁ。
DATA
観覧日 2015年 3月 15日(日)
時刻 20:30〜21:00(花火関連)
天候 晴れ
場所 浜松市浜北区・天竜川中瀬緑地
主催者 浜松市(浜北区) 会場地図
公称玉数 未公表
最大号数 10号
RETURN